特集

倍返しだけじゃない。読者が選んだ半沢直樹『ロスジェネの逆襲』感動の名言集

『ロスジェネの逆襲』 (池井戸潤 著)

親会社の銀行を向こうに回し、真っ向から立ち向かう半沢直樹。その言葉の端々に、半沢の仕事観、人生観が現れている。『ロスジェネの逆襲』文庫化記念キャンペーンに参加した読者が選んだ半沢の名言を、コメントとともに紹介していこう。既に読んだ人も、これから読む人も、半沢直樹の新しい魅力に気がつくはず。

「いろんな奴がいる。それが世の中です」(p177)

 

 池井戸潤さんの本をいろいろ読みました。銀行とか企業のしくみを理解できたし、その人間関係や心の情景までも描写していて面白いです。(30代・男性)


「プレッシャーのない仕事なんかない」(P230)

 半沢さんの真直さ頑固さ、そして懐の深いところを尊敬しています。こんな上司の下で働きたいものですね。(40代・女性)


「上っ面やご都合主義ではなく、本質を睨んだ戦略を選択したい」(P329)

 組織の論理や、私利私欲に目もくれず、自分が考える正しい方向に突き進む、人間としての半沢直樹の姿勢に感服します。迷ったら王道を突き進むということを肝に銘じ、自分も成長していきたいと考えさせてくれる小説でした。(40代・男性)


「批判はもう十分だ。お前たちのビジョンを示してほしい」(P393)

 会社や周囲の不満を言うは易し。不満を言うのではなく自分が変える意識を持って何事にも取り組もうと意識を変える1冊でした。(30代・男性)


「世の中と戦うというと闇雲な話にきこえるが、組織と戦うということは要するに目に見える人間と戦うということなんだよ。それならオレにもできる。
 間違っていると思うことはとことん間違っているといってきたし、何度も議論で相手を打ち負かしてきた。どんな世代でも、会社という組織にあぐらを掻いている奴は敵だ」
(P172)

 私自身も金融業界で働いている身としては「人事と金」が渦巻いている物語を身近に感じています。「人事と金」は入社してから定年退職するまで呪縛のようにとりつかれる現実がありますね。半沢の同期でもある近藤が病気で会社を休まなければならない過去がありますよね。今は見事復帰を果たし銀行の広報室次長にまでなられた。私も過去に近藤と同じ病気になり短い期間ですが休んだ経験があります。この小説のキーワードになっている「やられたら、やりかえす!倍返しだ!」というフレーズ。いい意味で何かあった時この言葉を思い出し仕事に奮起しています。半沢直樹にはとてつもない力、エネルギーがあるんでしょうね。(40代・男性)

ロスジェネの逆襲池井戸 潤

定価:本体700円+税発売日:2015年09月02日

銀翼のイカロス池井戸 潤

定価:本体760円+税発売日:2017年09月05日

オレたち花のバブル組池井戸 潤

定価:本体700円+税発売日:2010年12月03日

オレたちバブル入行組池井戸 潤

定価:本体700円+税発売日:2007年12月06日


 こちらもおすすめ
書評女性が読む“半沢直樹” 「こんな上司と働きたい」(2015.10.06)
書評女性が読む“半沢直樹” 「時代が求めているヒーロー」(2015.10.05)
書評女性が読む“半沢直樹”「仕事の本質が描かれている」(2015.10.04)
インタビューほかモンスターストライクの責任者が語る「半沢直樹とモンストに共通する爽快感」(2015.09.29)
特集IT業界で活躍するロスジェネ世代の星が『ロスジェネの逆襲』を読んでみた(2015.09.18)
書評完全無欠のエンターテインメント(2015.09.03)