書評

時間を掛けることなく頭を使いながら
ゴルフ上達への道を歩いて行きたい

文: 永田 玄

『あなたがもう迷わずにゴルフを上達するための意識改革と練習方法』 (永田玄 著)

 ゴルフを始めたのが40歳を過ぎてのことで、遅いスタートだった。'90年代の終わりの頃の話である。すでに周囲は上手な人ばかりで、早く上達しなければ恥ずかしいし、なによりも財布がもたない。握ることで、思わぬ授業料に泣かされたことも度々だった。「なんとか短時間で上達したい」と思っても、時間がなく、さほどお金もなく、肉体的には本格的なスポーツの経験もない、というないない尽くしだった。

 自分なりに工夫を重ねながら、最後にこだわったのが「言葉」だ。もちろんレッスンプロにもついた。しかし、私には彼等の言葉が理解できなかった。「何が言いたいのかさっぱりわからない」と腹が立つばかりで、仕方がなく自分でメモを取りはじめたのだ。そして言葉の断片を想像力で繋いだ。まるで土の中から発掘した土器片を器にするような作業に約4年を費やして、ようやくゴルフスウィングという運動の骨格が見えてきたような気がした。そして2012年に刊行した『ゴルフに深く悩んだあなたが最後に読むスウィングの5ヵ条』という本になったというわけだ。

 この本では「立つ」「捻る」「遠心力」「管理」「連動」という5つの言葉でスウィングの基本を表現した。従来のゴルフレッスンと比べると奇抜な発想かもしれなかったが、多くの読者が支持してくれた。望外とはこのことだった。

 当初は本が売れてうれしくもあったが、しばらくして恥ずかしくなってきた。私のようなどこにでもいるアマチュアゴルファーの本が売れていいのだろうかと……。本は書いたものの、私のスコアはなかなか安定しなかった。

 ゴルフの本は1冊だけで終わりにしようと思っていたのに、また『ゴルフに泣かされた夜あなたが心にきざむスコアメイクの具体策』という本を書いてしまった。書かずにはいられなくなったのだ。それはゴルフが下手なままでいる原因が見えたからだ。これを記して、なんとか悩める“同病の士”を救わなければと考えたのだ。もちろん、いの一番に救いたいのは私自身であったのだが……。

 実際に言葉を重ねるほどに見えてくるものがあった。「技術」と「メンタル」は切り離しては考えられないこともわかってきた。それを「ゴルフ脳」「ゴルフ力」という言葉で表現した。くわえてスコアにもっとも関係のあるアプローチとパットについても細かく言及した。この2冊目も幸いにして高い評価をいただいた。

【次ページ】「下手」なアマチュアだからこそ書けた本

あなたがもう迷わずにゴルフを上達するための意識改革と練習方法
永田玄・著

定価:本体800円+税 発売日:2015年02月21日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評ゴルフには 「メンタル」という魔物が棲んでいる(2013.12.04)
文春写真館杉原輝雄は飛ばないゴルフでも勝ってきた(2014.09.01)
書評揺れる中高年に捧ぐ(2012.05.18)
書評自分自身との対話が閉塞感を打ち破る(2011.08.20)
インタビューほか「FA」と「逆指名」でプロ野球は決定的に傷ついた(2009.08.20)
インタビューほか「走る」ことを軸にした僕の個人史(メモワール)(2007.10.20)