インタビューほか

私は人間が好きなんです

「本の話」編集部

『院長の恋』 (佐藤愛子 著)

──導入部に「彼(院長)は『順風満帆』という言葉の象徴であった。(中略)だが彼はそんな自分にも、『幸福』というものにも、無頓着だったのである」というくだりがあって、翻訳小説みたいな洒落たはじまり方だと思いました。

佐藤  エッセイに飽きて、小説を書きたいと思った時期に、チェーホフの短篇をずっと読んでいたんです。「院長の恋」のどこにチェーホフがあるんだ、といわれると困るんだけど、私なりにチェーホフに触発されて書いたんです。いわゆる恋愛物語ではなくて、恋というものを書こうというのは、チェーホフを読んでいるうちにそんな気持ちになったんです。

──三作目の「地蔵の眉毛」は、おおげさかもしれませんが、『旧約聖書』の一節を読んでいるような感覚を味わいました。

佐藤  ハハハハ。

──「ヨブ記」みたいに、正しい人が神に試され、次々に災難に遭うみたいなお話です。

佐藤  いや、大して深く考えて書いたわけじゃなくて、人のいい男の悲劇ですね。本人は悲劇と思っていないけど。小説では淡路島を舞台にしていますが、田舎の人の持っている純朴さみたいなものを書きたかったんです。書きたいというより、そういうものが私はとても好きなんですよ。

──善良な夫婦が登場します。

佐藤  地蔵の祟りでえらいことになる。。

──先生は毎夏を北海道浦河町の別荘で過ごしていらっしゃいますが、この作品に登場する人々の雰囲気は、浦河の人のものなのですか。

佐藤  そうです。私が浦河という町を気に入っているのは、作家だなんていっても特別扱いはされない。みんな一応「先生」と呼ぶけれど、何の先生かわからずにいってるところが気に入ってるの(笑)。

──なんとなく敬われている、ということですね。

佐藤  いや、敬われてないですね。私の家がある所は漁師の集落ですから、魚持ってやってきて、窓から覗き込む。私が机に向って一日中ものを書いているものだから「小説家っていうのはひでえ商売だな、漁師のほうがよっぽどいいわ」って帰っていく(笑)。そういう付き合い方が、私はとても好きですね。

院長の恋佐藤愛子

定価:本体543円+税発売日:2012年03月09日