書評

確率を語るより、可能性に賭けろ! 平凡な人生がドラマチックに変わる仕事術

文: 加藤 崇

『無敵の仕事術 君の人生をドラマチックに変える!』 (加藤崇 著)

 書籍のもくじから、いくつか見出しをピックアップしてみよう。

・隠れた宝石の見つけ方
・「共感」がなければ始まらない
・早すぎるか、乗り遅れるか
・確率ではなく可能性に賭ける人たち
・どこから始めていいのかわからないときの勉強法
・成功体験のない若者が自信を持つには
・信用される人のたったひとつの特徴
・戦火を生き延びた人たちに共通する「無敵感」

 こうした一つひとつの見出しの中に、僕が実際に仕事で経験した具体例が詰まっている。どれも若い人に読んでもらいたい。読んで会計の知識やマーケティングの知識が身につくわけではない。そうではなくて、読むことで、仕事への向き合い方、仕事に対する覚悟の持ち方に変化が訪れるはずだ。そしてそれが、より長い目で、社会にインパクトを与える仕事につながっていく。きっと、読んだそばから、何かを掴み、やがて人生がドラマチックに変わっていくだろう。

 冒頭で、自分の話であるにも関わらず、まるでドラマを見るような感動を覚えたと、恥ずかしげもなく言った背景には、「もう自分が若者ではなくなってしまった」という自覚があったからだ。もう自分にはあんな働き方はできないのではないか? ああいう仕事の仕方は、単なる若気の至りだったのではないか? そんな思いを振り切るために、僕は昨年末に米国サンフランシスコ・ベイエリアに家を借り、移住した。ここには、まだ手に入れていないものがたくさんある。20代初めの頃のように、何者でもない自分がここにいる。僕自身がこの本を片手に、もう一回ゼロから挑戦するつもりだ。

 シリコンバレーの生活も、早3ヶ月が経とうとしている。一緒に働いているアメリカ人のLarsさんは、僕よりずっと年上だけれども、ものすごい情熱と純真さを持って、日々懸命に自分の人生を新たな可能性に賭けている。彼と毎日仕事をしていて思った。年齢は関係ないな。この本は、アメリカで新たな挑戦を始めた自分にも、また日本で何かに挑戦したいと思っている僕なんかよりもずっと年上の人たちが、今の自分を乗り越えるためにも、きっと役に立つ本に違いない。そういう意味では、年齢によらず、この本を手に取って欲しいと思う。

加藤崇

加藤崇

1978年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。法人融資業務などに従事したのち、退職。KPMG日本法人を経て、オーストラリア国立大学で経営学修士号(MBA)を取得。技術系ベンチャー企業社長などを歴任し、2011年加藤崇事務所を設立。ヒト型ロボットベンチャーSCHAFT共同創業者兼取締役CFO就任。13年にはSCHAFTをグーグルに売却し、世界から注目を集めた。著書に『未来を切り拓くための5ステップ』(新潮社)。現在、米国カリフォルニア州メンローパーク在住。

無敵の仕事術 君の人生をドラマチックに変える!
加藤崇・著

定価:本体800円+税 発売日:2016年03月18日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評みんな読まないで! と自動車評論家が嫉妬 名車GT-Rを生んだ「カリスマ水野」の濃厚ミソ本(2014.12.12)
インタビューほか「ない仕事」を作るには。画期的ビジネス書(?)の登場(前編)(2015.11.25)
インタビューほか「ない仕事」を作るには。画期的ビジネス書(?)の登場(後編)(2015.11.26)
書評リーダーの要諦は「思いやり」と「言行一致」 『論語』に学ぶビジネスの極意(2014.10.13)
書評セブン‐イレブン流経営書の新境地(2013.11.19)
書評大人の勉強はなぜ身につかないのか(2010.12.20)
書評明るい働き方を実現するための指南書(2015.11.28)