本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
新直木賞作家・青山文平の多忙な日々

新直木賞作家・青山文平の多忙な日々

文:「オール讀物」編集部

出典 : #オール讀物
ジャンル : #歴史・時代小説

 江戸通りは、浅草へ向かい隅田川に並行して走る現在の国道6号線で、この通りを背骨として江戸の町が組みあがった。青山さんが遊びにでかける町も、この江戸通りに沿って神田や浅草、千住へと移っていった。

ショットバー「バーリィ 浅草」。マスターの木村誠さんと

 撮影で訪ねた浅草ビューホテル脇のショットバー・バーリィもそうして見つけた店の一つ。開店から28年を迎える老舗で、スコッチのネゴシアン物が揃う、クラシカルなバーだ。

「初代マスターの佐野繁雄さんが横浜・本牧の出身でね。米軍の将校クラブで修業したんだけど、いい男だからもてまくって。でも、その自慢話を聴くのが心地よいという奇特な方で、開店したての頃から通っていました」

 バーリィでは南千住の「尾花」から取り寄せたという鰻の肝や、佐野さんが作りだしたラムベースのホットカクテル“佐野グロッグ”でもてなしを受けた。

 翌日は選考委員の宮城谷昌光さんとの受賞記念対談へ(オール讀物3月号掲載)。この日以降も、新聞やテレビの取材、横浜や大阪などサイン会のための全国行脚が続いた。

「早く小説の執筆モードに戻りたいけれど、今、メディアに出るのも大切な役目。ただ、けっこう顔を覚えられてしまって、健康維持のための近所のスーパーマーケット・ウォーキングがしづらくなったのが悩みですかね」

多忙な日は続く。

オール讀物 2016年3月号

定価:980円(税込) 発売日:2016年2月22日

詳しい内容はこちら

つまをめとらば
青山文平・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年07月08日

詳しい内容はこちら

かけおちる
青山文平・著

定価:本体610円+税 発売日:2015年03月10日

詳しい内容はこちら

白樫の樹の下で
青山文平・著

定価:560円+税 発売日:2013年12月04日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る