2016.02.19 特集

新直木賞作家・青山文平の多忙な日々

文: 「オール讀物」編集部

1月19日に決定した芥川賞・直木賞。世間の耳目を集める文学賞を受賞した作家は、どんな日々を送っているのか。「オール讀物」3月号では直木賞を受賞した青山文平さんを特集するが、本誌に先立ち、密着した編集者が取材余話を披露する。

オール讀物 2016年3月号

 味わいのある大人の文章が評価され直木賞を受賞した青山文平さん。隠居の男が還暦を前に女をめとるまでの揺らぎを描く表題作の「つまをめとらば」など、受賞作では江戸中後期の男女模様を描いている。

 オール讀物の直木賞受賞記念ページでは、著者にゆかりのある土地で撮影を行うのが恒例企画。青山さんとの打ち合わせでは、生まれ育った横浜の他に日本橋や浅草の地名があがった。

社会人としてのスタートは日本橋から

「新卒で勤めた会社が日本橋にある経済系の出版社でした。育ったのが横浜で、大学も高田馬場にある早稲田だったので、それまで東京といえば新宿や渋谷といった西側ばかり。それが日本橋、しかも常盤橋の袂に勤めたことで、東側にも窓が開いたのです。神田須田町の『まつや』や浅草の『並木薮』で蕎麦屋酒を覚えたりして、だんだんと江戸の東京に馴染んでいった。時には、みんなで三越のデパ地下で尾頭付きの鯛とお赤飯を買って屋上で食べたりね。江戸が胎胚していく江戸通りを間近に感じる、贅沢な会社員生活でした」

【次ページ】

オール讀物 2016年3月号

定価:980円(税込) 発売日:2016年2月22日

詳しい内容はこちら

つまをめとらば
青山文平・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年07月08日

詳しい内容はこちら

かけおちる
青山文平・著

定価:本体610円+税 発売日:2015年03月10日

詳しい内容はこちら

白樫の樹の下で
青山文平・著

定価:560円+税 発売日:2013年12月04日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
ニュース【動画】第154回芥川賞・直木賞受賞会見、ノーカット版(2016.01.20)
特集横浜色街の記憶――結界だらけの街を歩く(前)(2015.10.14)
特集横浜色街の記憶――結界だらけの街を歩く(後)(2015.10.15)
インタビュー・対談女という圧倒的リアル(2015.08.19)
インタビュー・対談女の確かさが照らす、 男のよるべなさ 自覚することで歩み始めた男たちの姿を描く(2015.07.09)
書評武家のアイデンティティ・クライシス(2015.03.29)
書評妻はなぜ駆け落ちをしたのか?(2012.07.11)
書評青山文平という可能性……… 『白樫の樹の下で』から『かけおちる』へ(2012.06.21)
書評ラスボスを捕えよ(2013.12.13)
書評小説を書くということは人を書くこと(2011.06.20)