特集

左遷こそチャンス!?
出向で問われる半沢直樹の真価

文: 村上 貴史

『ロスジェネの逆襲』 (池井戸潤 著)

ドラマ版の最終回で「半沢直樹が出向!?」と驚いた方も多いのでは。その出向先で半沢が大暴れするシリーズ第3弾『ロスジェネの逆襲』がついに文庫化! 半沢の運命やいかに? 執筆の舞台裏から“バブル入社組”世代へのメッセージまで、池井戸さんに聞いた。

出向先で半沢を待ち受ける苛酷な闘いの日々とは――

「バブル組だとかロスジェネだとかの世代論って変だなと前から感じていたんです。血液型がA型なら真面目とかいうのと似たような感じで、科学的根拠のないまま世代論が語られることに違和感を覚えていたんですよ。なので、それを半沢直樹出向のタイミングで書いてみようと思ったんです」

『ロスジェネの逆襲』は、池井戸潤が2012年に刊行した《半沢直樹》シリーズの第3弾である。東京中央銀行で活躍しつつも、行内の暗黙の掟をいくつも破ってきた半沢は、子会社である東京セントラル証券に部長職で出向させられた。

「第2弾『オレたち花のバブル組』を書き終えた段階で半沢の出向は決めていたんですが、行き先までは特定していませんでした。そこで、『ロスジェネの逆襲』を書くにあたり、銀行で役員の経験を持つ知人と会話したとき、半沢のような立場の人間を出向させるとしたらどこが適切か尋ねてみたんです。すると、将来銀行に復帰する可能性を確保するなら、証券子会社だろうと」

 かくして半沢は証券子会社に出向することとなり、森山というロスジェネ世代の部下を持つ。森山からすると、半沢たちバブル世代は“大した能力もないくせに、ただ売り手市場だというだけで大量採用された危機感なき社員たちが、中間管理職となって幅をきかせて”いる世代である。つまりは“お荷物世代”であり、彼らを食わせるために自分たちが苦労させられているという認識なのだ。

「ロスジェネ世代の人々って、皆がそういう被害者意識を持っていると思われがちですが、なかには頑張っている人もいる。だからあまり世代のせいにするべきじゃないという想いが僕にはあって、瀬名という人物を書いたりしました」

 瀬名洋介。新興IT企業である東京スパイラルの社長だ。この会社の買収をもくろむのが、同じく新興IT企業である電脳雑伎集団であり、その買収アドバイザーとなったのが、半沢の出向先である東京セントラル証券だった。

「『ロスジェネの逆襲』の構想を練り始めるのに先だって、ライブドアが企業買収を繰り返して急成長し、その後事件になったりしていて、経済に関心のない人でも企業買収には関心を持つ状況でした。なので、新興のIT企業による買収劇というのは面白い題材だと思っていました」

《半沢直樹》シリーズの初期2作品『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』で半沢が相手にしていたのは、特殊鋼のメーカーだったり老舗のホテルだったり、いわば従来型の日本企業だった。それがこのシリーズ第3作では、新興IT企業である。

「ライブドアもそうでしたが、従来の銀行の常識では理解できない人が会社を経営している。そういうところと、銀行のような従来型の存在が闘うのも面白かろうと考えたんです。世間でも、Tシャツを着て会議をやっているってどんな会社だよ、と興味を持っていましたしね。ちょうどフジテレビ買収騒動もあったりして、切った張ったの世界が一番よく似合う業界という意識もありました」

 そうしたIT企業経営者は、『ロスジェネの逆襲』に3人登場している。銀行の常識からはかけ離れているものの、3人ともそれぞれに個性的だ。

「キャラクターが似ていると非常に読みにくいですから、きちんと分けておかなければなりません。その配置が難しいんですけどね」

 その3社を駒とした企業買収の闘いにおいて、半沢たち東京セントラル証券と闘うのは、実に意外で、なおかつ強大な相手である。

「半沢を出向させたからには、闘う相手は“あれ”しかなかろうと考えました」

 まさに小説ならではの破天荒な設定であり、それが買収闘争に強烈なダイナミズムをもたらす。

「この敵を相手に闘うことを喜んでくださった読者も多いようです」

 そう語る池井戸だが、心残りもあるという。

「黒崎がいないんです」

 黒崎駿一。30そこそこの若造にしてオネエことばで銀行を追及する金融庁の主任検査官だ。TVドラマ『半沢直樹』で片岡愛之助が演じたあの人物である。

「シリーズ第2弾で黒崎を出したのは、第1弾を読んで“銀行ってこういうところなんだ”と真に受けてしまう方が多かったことへの反省と対策でした。黒崎を出すことで、《半沢直樹》シリーズが銀行のリアリティを描く小説ではなくチャンバラ劇だということを読者に感じてもらおうとしました。なのに『ロスジェネの逆襲』を書いているときにはそれをすっかり忘れてしまっていたんです(苦笑)」

 池井戸が銀行のリアリティを熟知し、重視するが故の黒崎なのだ。

【次ページ】企業買収を巡る熾烈な闘い