本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
荒唐無稽に見える設定をリアルに描く、著者の腕に括目せよ!

荒唐無稽に見える設定をリアルに描く、著者の腕に括目せよ!

文:大矢博子 (書評家)

『ガンルージュ』(月村了衛 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『ガンルージュ』(月村了衛 著)

 戦闘のプロフェッショナル同士による、頭脳戦と肉弾戦。これがまず最高にエキサイティングだ。何重にも仕掛けられた罠と、それをかいくぐって敵を倒す律子の様子が、アクションはスピーディに、思考はサスペンスフルに綴られ、息がつけない。銃声や肉を断つ音が聞こえてきそうなほどである。カッコいい。べらぼうにカッコいいぞ律子!

 律子だけじゃない。恐怖に耐えながらも何とか生き抜こうとする中学生ふたりの健気なことと言ったら!

 そしてさらなるスパイスとなるのが美晴の存在である。主人公の片割れを女性教師にしたのは、前述した『槐』で手応えを感じたからだと著者は語っているが、『槐』の主人公と渋矢美晴はまったくタイプが異なる。

 渋矢美晴は、決して〈槐〉や律子のような戦闘のプロではない。一般人だ。だが度胸は満点。格闘術の基本的な心得もある。なぜなら……いや、これは本編で確認していただこう。思わず噴き出してしまった。いいのか。こんなのアリなのか。実は彼女は、とある有名ミステリの登場人物を想起させる仕掛けになっているのだ。もちろんまったくの別人なのだけれど(当たり前だ)、あの人物がこんなところでこんなことをしているなんて想像したら、めちゃくちゃ楽しいじゃないか!

 というふうに読みどころは満載なのだが、本書の魅力の核になっているのは〈ギャップ〉の使い方にある。

文春文庫
ガンルージュ
月村了衛

定価:781円(税込)発売日:2018年10月06日

プレゼント
  • 『一人称単数』村上春樹・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/02/07~2023/02/14
    賞品 『一人称単数』村上春樹・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る