本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
没後3年。パッパラパアと生きているアガワの夢に、父・阿川弘之があらわれた!

没後3年。パッパラパアと生きているアガワの夢に、父・阿川弘之があらわれた!

文:倉本 聰 (脚本家)

『強父論』(阿川佐和子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

『強父論』(阿川佐和子 著)

 かつて瞬間湯沸かし器と恐れられた父の、その唐突なエネルギーと破壊力に抑圧されていた阿川佐和子という圧力釜が、突然釜の中の圧力を飽和状態にまで高めて爆発し、釜のフタを破壊し上にのっていた湯沸かし器をぶっとばし、聞く力を武器にこの世にいきなり踊り出た事態に、僕は殆んど呆気にとられていた。

 

 僕にもかなり瞬間湯沸かし器の所がある。

 前触れもなく突然爆発し、周囲を呆然とさせることがある。だから大先生の気持ちがよく判る。

 瞬間湯沸かし器には湯沸かし器なりの、怒りの三段論法というものがあって、AがBだからBはCとなり、CはDとなって「判らんか‼」となるのだ。だがその内心の展開の速さが人に伝わらないから、「どうして? 何を怒ってるの?」となる。それを一々説明するのは、腹立たしいし馬鹿々々しい。そこで湯沸かし器は孤独な自己嫌悪に落込むのだ。

 姫よ。

 あなたも大先生の血を引いているから、いずれはそうなる。老いてそうなる。老人ホームの孤室でそうなる。その日を愉しみに待っていよう。

文春文庫
強父論
阿川佐和子

定価:715円(税込)発売日:2018年12月04日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る