書評

「もう少しだけ、頑張ってみよう」――そんな力を与えてくれる、お仕事小説

文: 塩田春香 (会社員・HONZレビュアー)

『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』(朱野帰子 著)

『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』(朱野帰子 著)

 子どもの頃に、将来の夢はありましたか? その夢は今、叶っていますか?

 子どもの頃、何が好きでしたか? それは今も変わらず、好きですか?

 この書き出しを快く思わない読者の方もおられるだろうな、と思いながらこの解説を書いています。夢は努力だけでは叶わないことも多いし、生きていくのは夢とか好きとか言っていられるほど甘くないことが多いからです。

『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』の主人公で家電メーカーに勤める羽嶋賢児は、熱心な科学ファンで、科学を支える仕事をしたいという信念をもっています。ところが会社のヒット商品である科学的根拠のない美容家電を「すべて廃止すべきです」と発言したばっかりに、その美容家電を企画する部署に「島流し」にされてしまいます。

 信念を曲げて科学的根拠にこだわらずによく売れる商品を企画すれば、会社は儲かり、人間関係の軋轢もなくなり、賢児はずっと生きやすくなるはずです。また、学生時代に父を亡くして経済的に困窮した経験をもつ彼は、旅行などしたこともなく、コツコツと貯金をしています。お金がない切迫感や惨めさが身にしみているならばなおのこと、仕事と割り切って、儲かる似非科学商品を企画して売ればいい。でも、それができない。それほどに大好きなはずの科学に縛られ、苦しめられているのが賢児なのです。

科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました朱野帰子

定価:本体770円+税発売日:2019年11月07日


 こちらもおすすめ
コラム・エッセイ自分の信念を曲げられずに日々会社で戦っている、すべての働く人へ(2019.11.18)
別冊文藝春秋インチキとわかっていてもすがりたい 「似非科学」にどう勝つか?(2015.08.17)
書評私たちはおじさんたちなしでは 生きていけない(2013.12.27)