本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「もう少しだけ、頑張ってみよう」――そんな力を与えてくれる、お仕事小説

「もう少しだけ、頑張ってみよう」――そんな力を与えてくれる、お仕事小説

文:塩田春香 (会社員・HONZレビュアー)

『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』(朱野帰子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』(朱野帰子 著)

「他人様から金をいただくってのはもっとえげつないことだろ? 自分の一番大事なものをズタズタに切り裂かなきゃいけないことだってある。そうだろ?」

 これは、賢児を調査会社から引き抜き、商品企画部に島流しにした上司・桜川の言葉です。「偽物の科学を売るなんて絶対にできない」と頑なな賢児ですが、科学なんて好きじゃなければよかった、科学を支えたいなんて夢をもたなければよかった、その方がずっとラクだったのに――そう思ったことはないのでしょうか?

 

 じつは私自身、大事なものをズタズタにできずに職を失ったことがあります。「仕事に信頼なんて必要ない。まじめに働く奴はバカだ。好きな仕事なんて、絶対にさせてやらない。君に再就職先を探すなんて無理だから、僕は君を心配してあげているんだよ」――当時の上司の言葉はむしろその後の勤め先でもまじめに働く原動力になりましたが、安定した再就職が非常に困難だった時期で、退職した後、転職を繰り返さざるを得ませんでした。

 一方で、同じ就職氷河期世代として苦労してきた友人たちのなかには、仕事は食い扶持(ぶち)を稼ぐためのものであり、仕事に夢など求めない、信念など必要ない、という人もいます。皆それぞれの正義で働いているので、誰が正しい、誰は間違っている、とは一概に言えない難しさを日々感じています。

文春文庫
科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました
朱野帰子

定価:847円(税込)発売日:2019年11月07日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る