インタビューほか

激動の時代を乗り越えろ! 「国家再建」「経済再生」「地方復興」を成し遂げた奇跡の主従の物語。

「オール讀物」編集部

『わが殿』(畠中 恵・著)

幕末に国の経営が黒字だった藩はたった二つ!?

『わが殿 上』(畠中恵 著)

――畠中恵さんはデビュー以来「しゃばけ」「まんまこと」など江戸の町を舞台にした人気シリーズはもちろん、明治期の「若様組」シリーズや現代ものまで幅広い作品を書かれていますが、最新刊『わが殿』は、初めての幕末歴史小説にチャレンジされています。

畠中 以前に「実在の人物を書いてみませんか」という提案を、編集さんからされたことがあって、そこで色んな新しいことをやっていきたいし、いつか史実に基づいたものも書いてみたいですね、とお答えしたんです。

 なかなか「この人を書けたら!」という方に出会えないまま、別の資料を読んでいたところ、江戸から明治への移行期に黒字だった藩が二つしかなかった? という記述に目が留まりました。気になって調べてみると、一つは塩田を持っていたことが黒字の理由で、もう片方が大野藩でした。たった四万石の小さな国にもかかわらず、いったいどんな人物がいて、どんな藩だったのだろうとすごく興味が湧いてきたのが『わが殿』の執筆のきっかけですね。

©文藝春秋


――大野藩を最初からよくご存じだったわけではなく、幕末に黒字だった藩、ということで興味を持たれたわけですね。

畠中 はい、その時に初めて大野の名前を知った、みたいな(笑)。そこからどういう人で、どういう藩だったんだろう、と……そこから資料を調べはじめて、莫大な赤字を抱えた幕末の大野藩の財政を立て直すため藩政改革を断行しようとする藩主・土井利忠と、その殿に登用されて財政改革の実務を担った内山七郎右衛門という名臣に辿り着き、この二人の関係性にもどんどん惹かれていきました。そこで地方紙の新聞連載の依頼をいただいた時に、前からやろうとしていた新しいことを、きちんと調べて書いてみようと、『わが殿』がスタートしたんです。

【次ページ 借金を返す家臣vs. 金を遣う殿の関係性】

わが殿 上畠中 恵

定価:本体1,400円+税発売日:2019年11月27日

わが殿 下畠中 恵

定価:本体1,400円+税発売日:2019年11月27日


 こちらもおすすめ
ニュース紅ずわい蟹が当たる! 畠中恵さん『わが殿』発売記念フォロー&リツイートキャンペーン!(2019.11.25)
特集畠中恵「まんまこと」がドラマ化。福士誠治、桐山漣、趙珉和演じる悪友三人組が江戸・神田で大活躍!(2015.07.16)
書評寝ても覚めても「まんまこと」のことばかり考えている(2015.07.10)
書評ウソがまことに、まことがウソに(2014.05.08)
インタビューほか傷心と喪失の"その後"を 生きるために(2013.05.28)