本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【冒頭立ち読み】「自伝小説I」(『青春 コレクションI』吉田修一 著)

【冒頭立ち読み】「自伝小説I」(『青春 コレクションI』吉田修一 著)

吉田修一


ジャンル : #小説

『青春 コレクションI』(吉田修一 著)

「バケツの水なんてどうでもよかったとに。バカねえ」とかなんとか母だか伯母だかに言われ、まるで癇癪(かんしゃく)でも起こしたように泣いた。

 一番古いかもしれないと思われる記憶には、なぜか水に関するものが多い。

 家族で夕食に出かけた帰り、繁華街から乗ったタクシーで実家の近くまで戻った。実家は長崎特有の坂の途中にあり、軽自動車しか入って行けないので、夜景を見下ろすような九十九折(つづらおり)の道を登り詰めたところで、父はいつもタクシーを止めた。

 先にタクシーを降りて、その道を横切った。渡り切った瞬間、雷みたいに背後が明るくなり、ドンと鈍い音がした。二歳下の弟の小さな体が宙に浮いていた。坂を登ってきた別のタクシーに撥(は)ねられたらしかった。僕を真似(まね)て道を渡ろうとしたらしかった。

 気の荒い父が撥ねたタクシー運転手をその場で殴ったような記憶がある。次に覚えているのは、その撥ねたタクシーで病院へ向かう車中だ。弟の体が冷たくなってきたと母が慌(あわ)てていた。父に言われ、履いていたタイツを脱ぎ、弟に履かせた。いや、タイツを脱がされたのは、病院の廊下だったかもしれない。とにかく寒い冬の夜だった。

 幸い、弟は大事には至らなかった。

特設サイトへ
単行本
青春
コレクションⅠ
吉田修一

定価:3,960円(税込)発売日:2019年09月13日

単行本
恋愛
コレクションⅡ
吉田修一

定価:3,960円(税込)発売日:2019年11月13日

単行本
犯罪
コレクションⅢ
吉田修一

定価:3,960円(税込)発売日:2020年01月16日

単行本
長崎
コレクションⅣ
吉田修一

定価:3,960円(税込)発売日:2020年03月16日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る