別冊文藝春秋

『ものがたりの賊(やから)』真藤順丈――立ち読み

文: 真藤 順丈

電子版29号

「別冊文藝春秋 電子版29号」(文藝春秋 編)

 あまねく帝都にあるものは、その日その刻にいたって激しい陸の震動に晒された。

 老いも若きも、富めるものも貧するものも、蚤も土鳩も竈馬も、犬も猫も植物も、有機物も無機物も、等しなみに地の底からの響きを聞き、巨きなる破壊の贄となって、凄まじき災禍の曼荼羅を織りなす模様の一部に融けたのだ。
 

 一九二三年九月朔日、朝から驟雨。雲足の速い空が翳り、どう、どう、どうと風の音が高鳴った次の瞬間、地面がうねった。たとえば上野の帝国図書館では、童話に詩集、小説、戯曲、古書に珍書に稀覯本、あらゆる書物が傾いだ書架からばさばさと落下した。双翼を開いた鳥たちが、しかし翔べずに、断崖の下へと墜落していくかのように。

 落ちた一冊一冊を拾って片付けてはいられない。司書係たちは声を嗄らして閲覧者に避難をうながす。下足番から出世した券売場の爺(*1)も、建物全体がみしみしと撓っているのに面食らって屋外に飛びだす。あとには銘々の書、書、書が散らばるばかり――

 棲み処から揺り落とされて、紙魚の群まで逃げていく。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版29号(2020年1月号)文藝春秋・編

発売日:2019年12月20日


 こちらもおすすめ
インタビューほか<真藤順丈インタビュー>新連載の主人公は“坊っちゃん”!? 最高傑作にする覚悟で臨みます(2019.12.20)
インタビューほか思い込みの殻が壊せたら――住野よる×芦沢央が本気で語った120分(2019.12.24)