本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――年表編

明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――年表編

文:「オール讀物」編集部

『熱源』(川越 宗一)

出典 : #オール讀物
ジャンル : #小説

『熱源』で描かれる時代は、明治初期から昭和の太平洋戦争の終焉まで、約70年という長きにわたる。その間、日本は富国強兵化で急速な近代化と領土拡大を進めていく。一方、世界は大国同士が戦争を繰り返し、さらには大きな社会主義革命や独立運動が各地で起きていた。ヤヨマネクフやシシラトカら樺太アイヌと、ピウスツキ兄弟らは、どのような歴史の流れに抗ってきたのか!?

※クリックすると拡大します

 

1863年
旧ポーランド・リトアニア共和国領でロシア帝国に対する武装蜂起発生

明治

1868年
明治維新

1874年
北海道で屯田兵制度を設施

1875年
樺太・千島交換条約が締結、樺太がロシア領、千島列島が日本領となる

1877年
西郷隆盛を大将に西南の役

西南の役の大将西郷隆盛
西南戦争の激戦地となった田原坂周辺の陣地後
 

1881年
露皇帝アレクサンドルII世暗殺

1882年
大隈重信が立憲改進党を結成。東京専門学校(のちの早稲田大学)を創立

1887年
二葉亭四迷が『浮雲』を著す。露でアレクサンドルIII世暗殺計画発覚

1891年
来日中の露皇太子が警備巡査に切りつけられて負傷(大津事件)

1894年
日清戦争勃発。翌年、日本の勝利で下関条約が結ばれるも三国干渉を受ける

1898年
大隈重信が総理大臣に

第17代総理大臣・大隈重信

1902年
露との協調路線変更し日英同盟

日英同盟を記念したハガキ

1904年
日露戦争が勃発。翌年、ポーツマス条約により南樺太が日本へ譲渡

旅順港で敗れたロシア帝国の艦隊
 

1905年
露で血の日曜日事件

凱旋する東郷大将の戦勝パレード

1909年
米のピアリが北極点に到達

1910年
日韓併合条約(韓国併合条約)。石川啄木が『一握の砂』を著す

1911年
アムンゼンが南極点に到達

南極点に初到達したアムンゼン
 

【次ページ 大正・昭和】

特設サイトへ
単行本
熱源
川越宗一

定価:2,035円(税込)発売日:2019年08月28日

プレゼント
  • 『池田大作と創価学会』小川寛大・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/16~2024/2/23
    賞品 『池田大作と創価学会』小川寛大・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る