本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
万城目学と門井慶喜の「辰野金吾建築散歩」in東京

万城目学と門井慶喜の「辰野金吾建築散歩」in東京

「オール讀物」編集部

ふたりの建築探偵が大建築家の足跡をぶらぶら歩く!

出典 : #オール讀物
ジャンル : #歴史・時代小説

(4)品川弥二郎銅像台座【辰野金吾/1907年/千代田区九段南2-2】

門井 北の丸公園の北側、田安門の近くに品川弥二郎の像が建っています。この台座部分が金吾の設計なのですが、いま我々にとって品川弥二郎といえば「かの悪名高き」と枕詞がつきます。松方正義内閣の内相として選挙干渉をおこない、官民が衝突して多くの死者を出しました。

現在工事中の品川弥二郎銅像。奥にちいさく見えるのは大山巌の騎馬像

万城目 そんな人の銅像に辰野が携わったのは、何か理由があったんですか?

門井 うーん。調べてみたのですが、わかりませんでした。しいていえば、偉い人の銅像だから当代一流の人に依頼しよう、像は本山白雲という肖像彫刻の権威に、台座は辰野先生に、ということだったのではと想像します。単純にネームバリューの問題かなと。

万城目 この台座、とにかく巨大です。いま補修工事中で近寄れず、僕らは歩道橋の踊り場から眺めているんですけど、全体を見るにはこの距離感でちょうどいい。品川弥二郎がチェスの駒に見えるくらい台座がガッシリしてますね。

門井 こちら、東京で金吾の名残を探そうとしたとき、いつでも見られる貴重な現存建築ではあります。

万城目 場所としては、ちょうど九段下の駅から武道館に向かう途中です。じつはこのへん夜になると暗くて、ライブの待ち合わせをしたくても、大勢たむろしていると相手の顔がわからない。像周辺の歩道も整備中ですから、ひょっとしたらここ、今後、待ち合わせの名所になるかも……ってならないか。

【次ページ 初代両国国技館:辰野金吾/1909年/墨田区両国2-10-14】

単行本
東京、はじまる
門井慶喜

定価:1,980円(税込)発売日:2020年02月24日

文春文庫
ぼくらの近代建築デラックス!
万城目学 門井慶喜

定価:869円(税込)発売日:2015年05月08日

プレゼント
  • 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/9/30~2022/10/7
    賞品 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る