本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
世紀末芸術を代表するふたりの天才 その禁断の世界に息をのむ

世紀末芸術を代表するふたりの天才 その禁断の世界に息をのむ

文:中野 京子 (作家・独文学者)

『サロメ』(原田 マハ)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『サロメ』(原田 マハ)

 発端は現代のロンドン。ワイルド研究家がビアズリー研究家に、新発見の「サロメ」の絵を見せる。それは有名なクライマックスシーン、つまりサロメが預言者ヨハネの首に接吻する瞬間を描いた、紛れもないビアズリー真筆であったが、しかしその生首の顔はヨハネではなかった。

 では一体誰なのか?

 ぞくぞくするような謎を提示した後、物語は十九世紀末のロンドンへと遡る。メイベルの目を通して読者は、ヴィクトリア朝時代の息苦しい政治文化状況、ワイルドのエキセントリックな言動、ビアズリーの成功と挫折、そして結核による早すぎる死を、追体験してゆく。

 だが何より息詰まる思いをさせられるのは、メイベル自身が──ワイルドとビアズリーという二人の天才に翻弄されているかに見えながら──本人も気づかぬうち、何やら化けものめいた存在へと変容するその過程である。

 上質のミステリであり、心理劇でもある本作はまた、メイベルの口を借りたビアズリー讃歌でもある。曰く、「美しい絵を上手に描く、というのではまったくなかった。もっと痛いような、苦しいような、狂おしいような」。「なんという闇。なんという光。なんという力。─なんという圧倒的な世界」。「画室に満ち溢れる狂気と豊穣に、メイベルは静かに首を絞められる思いがした」。

 大久保明子さんによる素晴らしい装丁も、書店で原田さんの艶めかしい世界へ強く誘なうに違いない。

(「週刊文春2017.2.23号掲載」)

文春文庫
サロメ
原田マハ

定価:748円(税込)発売日:2020年05月08日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る