本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
『僕が20年ぶりに人ん家に泊まってわかったこと 東京民泊エッセイ』北尾トロ――立ち読み

『僕が20年ぶりに人ん家に泊まってわかったこと 東京民泊エッセイ』北尾トロ――立ち読み

北尾 トロ


ジャンル : #随筆・エッセイ

『僕が20年ぶりに人ん家に泊まってわかったこと 東京民泊エッセイ』(北尾 トロ)

 ということはだ……。電卓を取り出して計算する。安いワンルームマンションを借りれば、毎月の経費を五万円減らすのは十分可能だ。年間六十万円の節約は大きい。引っ越し費用に四十万円かかるとしても、家賃七万円なら六カ月で回収できる。狭い部屋だといまのように居心地が良くないだろうから、忙しくもないのに事務所に滞在することも減るに違いない。

 経費が減り、自宅にいる日数が増える、一挙両得ではないか。なぜもっと早くその気にならなかったか不思議なほどだ。

 さっそく調べてみた。月に三万円も出せば借りられるレンタルオフィスは、極端に狭い上、泊まれたとしても寝袋で床に転がる感じだったのであきらめたが、ユニットバス付きなら、六万円台から物件はありそうだ。一カ月遅れれば五万円ずつ損をする。そう思うと決心はすぐに固まった。

絵・日高トモキチ

 すぐにでも動きたいが、問題は荷物だ。もともと多くはなかったものの、六年もいればそれなりの量にはなっている。とくに本は、雑誌の在庫を含めると五千冊くらいある。狭い部屋には入り切らないし、松本にもスペースの余裕はない。

 思い切って処分するか。本の中身は資料本だけでなく、捨てきれず持っていた古い雑誌なども含まれている。古本屋で欲しがる店もあるだろう。家具類はあれを捨てて、これを残して……。考え始めるとなぜか楽しくなってくる。

「用があって近所に来たので遊びに行く」とエミから電話があったのはそんなタイミングだった。いまは結婚して都心に住んでいるが、西荻でカフェギャラリーをやっていた独身時代からつきあいのある二十年来の友人で、妻とも仲がいい。

電子書籍
僕が20年ぶりに人ん家に泊まってわかったこと
東京民泊エッセイ
北尾トロ

発売日:2020年05月29日

プレゼント
  • 『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/19~2024/4/26
    賞品 新書『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る