本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「地方議員はおいしいと思うか?」全国地方議員3万2千人のホンネがここに!

「地方議員はおいしいと思うか?」全国地方議員3万2千人のホンネがここに!

杉田 淳 (NHK報道局 選挙プロジェクト 記者)

『地方議員は必要か』(NHKスペシャル取材班)

出典 : #文春新書
ジャンル : #ノンフィクション

『地方議員は必要か』(NHKスペシャル取材班)

 県議会議員はほとんどが中高年男性。日頃の話題はゴルフや議員による野球大会、県庁内の女性職員の噂も時間つぶしの格好のネタだった。真偽ははっきりしなかったが、実力者ともなると交通違反のもみ消しや教職員の採用で口利きができる、という話もよく聞いた。お世辞にも緊張感のある日常には思えなかった。そんな折、県による新型ごみ処理施設の建設計画が持ち上がった。建設予定地周辺の住民からは反対運動が起き、地元マスコミがこぞって注目することになった。

 しかし、県庁の担当職員の口は堅く、計画の詳細がなかなかわからない状態が続いた。私は、取材が進まない愚痴を中堅県議の一人にこぼした。ほどなくこの県議から呼び出しを受けた。彼のもとを訪ねると計画に関する数十ページに及ぶ分厚い資料を手渡された。「これで、よく勉強したらいい」と話す真摯な表情を目の当たりにして、自分が彼の一面しか見ていなかったことに気づかされた。

 地方議員には、国会議員とは違った顔がある。地域のあらゆる課題に取り組み、その解決を目指す調整役としての姿だ。

文春新書
地方議員は必要か
3万2千人の大アンケート
NHKスペシャル取材班

定価:902円(税込)発売日:2020年06月19日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る