インタビューほか

<未須本有生インタビュー>「ゼロから飛行機を創る」という難題に挑んだエンジニアの戦いを描く。

『音速の刃』(未須本 有生)

『音速の刃』(未須本 有生)

医療従事者に感謝と敬意を示すための「ブルーインパルス」の展示飛行を見て、航空機のかっこよさを改めて感じた人も多かったのではないだろうか。未須本有生さんの最新作『音速の刃』は、航空機開発にかかわる技術者たちの活躍を描いた傑作サスペンスだ。

ブルーインパルスが東京上空を飛んだ意義。

「ブルーインパルスの飛行は、やはりかっこよかったですね。このための費用がもったいないという人もいらっしゃいますが、普段も、航空自衛隊の松島基地などで訓練をしていますから。

 ただ東京スカイツリーができたことで、高度制限が厳しくなり、意外と高いところを飛ぶんだなぁと感じました。東京タワーだけだった頃なら、あと300メートルは低く飛べたのかな、と。

 延期されてしまいましたが、東京オリンピックの開催前に、上空から新国立競技場などがどう見えるのかを、パイロットが実際に視認できた面でもメリットはあったと思います」

【次ページ 航空機の事故には必ずウラがある!】

音速の刃未須本有生

定価:本体2,050円+税発売日:2020年06月29日


 こちらもおすすめ
インタビューほか<未須本有生インタビュー> 七人の素人探偵が挑む日常の謎(2018.08.06)
書評舞台は、戦闘機開発の最前線! 高度なものづくりを描く<お仕事小説>(2018.06.25)
書評航空機を知り尽くした著者が書くドローン・エンターテインメント小説の決定版!(2016.11.04)
インタビューほかものづくり大国の実態を技術者の目線から(2015.06.26)
書評新たな航空ミステリーの誕生(2014.07.28)