書評

危なっかしい二人の主人公から、目が離せなくなる

文: 杉江 松恋 (文芸評論家)

『祈り』(伊岡 瞬)

『祈り』(伊岡 瞬)

 その真澄が唯一人を許せないことが、嘘なのである。相手を侮辱する行為だからだ。彼女と嘘を巡るエピソードは、初めは小さいことのように見えるが、物語が進むにつれて次第に大きな意味を持ち始める。他の登場人物も同様で、彼らと交わした何気ない会話の一つひとつが、主人公たちのその後を形作るピースになっていくのである。その意味では一人として無駄な登場人物はいない小説である。

 最初にミステリーではないと書いたが、そうした要素も含む作品だ。前述のとおり、並列で進む二つの筋にどういう関連があるかはかなり後までわからないので、その興味が小説を読む上での推進力になっていく。これはネタばらしにならないように書くが、犯罪小説と呼べる部分もある。主人公たちの視点ではわからない何かが物語の背後で進行していく。陰謀というか、企みというか。そうした状況下において、登場人物たちが見せている顔が信じられなくなる瞬間が何度か到来するのである。誰かが嘘を吐いているのかもしれないという疑惑が物語後半に浮上してきて、読者をはらはらさせることだろう。

祈り伊岡瞬

定価:本体890円+税発売日:2020年06月09日


 こちらもおすすめ
文春ミステリーチャンネル【新刊案内】文春ミステリーチャンネル(6月分)発進!(2020.06.24)
インタビューほか浜辺美波はこのミステリーが好き!? 『屍人荘の殺人』原作者・今村昌弘と浜辺美波の愛読書トーク!(2019.12.13)
ニュース毎年恒例「週刊文春 ミステリーベスト10」発表! 選評がじっくり読める電子書籍も発売(2019.12.12)
作家の書き出しミステリーの美学は読者が解けるように書くことだと思っています。――米澤穂信(前篇)(2019.11.15)
書評政治家の孫娘が誘拐 犯人の要求は「金」ではなく「罪の自白」だった(2019.08.02)