本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「お願いします」と「お願い申し上げます」、どちらが正しいか 『段取り上手のメール――さくさく仕事が進む超速文章術』

「お願いします」と「お願い申し上げます」、どちらが正しいか 『段取り上手のメール――さくさく仕事が進む超速文章術』

文藝春秋出版局

多くの人が迷うメール表現の悩みを一挙解決! 


ジャンル : #趣味・実用

相手に「おっ」と思わせる締めくくりフレーズ

『段取り上手のメール――さくさく仕事が進む超速文章術』(中川路 亜紀)

業務連絡メールなら、「どうぞよろしくお願いいたします」「なにとぞよろしくお願い申し上げます」でよく、毎回変化をつけようなどと考える必要はありません。

ただし、しばらく会わない予定の相手には、健康を祈る言葉を書く手紙文の伝統があり、メールのしめくくりにもよくつかわれます。

「寒くなりましたので、お体には十分にお気をつけください」
「時節柄、お風邪などひかれませんようご自愛ください」
「お忙しいことと存じますが、ご自愛のほどお祈り申し上げます」
「今後ますますのご健勝をお祈りいたします」

どれも「お体を大切に」という、相手を思いやる気持ちがこめられています。

単行本
段取り上手のメール
さくさく仕事が進む超速文章術
中川路亜紀

定価:1,595円(税込)発売日:2020年08月06日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る