本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「お願いします」と「お願い申し上げます」、どちらが正しいか 『段取り上手のメール――さくさく仕事が進む超速文章術』

「お願いします」と「お願い申し上げます」、どちらが正しいか 『段取り上手のメール――さくさく仕事が進む超速文章術』

文藝春秋出版局

多くの人が迷うメール表現の悩みを一挙解決! 


ジャンル : #趣味・実用

「存じます」か「思います」か

『段取り上手のメール――さくさく仕事が進む超速文章術』(中川路 亜紀)

「存じる」は、「思う」「知る」「わかる」の謙譲語です。

謙譲語は自分の行為をへりくだって表現して、相手への敬意を表します。相手に対して、びしっと襟を正した言葉づかいをしたい場合は、「存じます」をつかいます。

「早めにいただけましたら、ありがたく存じます」
「お名前を存じ上げず、たいへん失礼をいたしました」

などは「ありがたく思います」「お名前を知らず」では失礼な表現になってしまいます。

「存じる」という言葉になじめないという人は、前者の例を

「早めにいただけましたら、助かります」

にしてもかまいません。

【次ページ 「賜ります」はメールにつかうか】

単行本
段取り上手のメール
さくさく仕事が進む超速文章術
中川路亜紀

定価:1,595円(税込)発売日:2020年08月06日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る