インタビューほか

若林正恭「本気であれば伝わる、と信じている」

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』刊行記念

若林正恭「本気であれば伝わる、と信じている」

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(若林 正恭)

2016年、たった5日間の夏休み、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんは、1人キューバへと旅立った。「灰色の街」東京と無関係になるために――キューバの後には、モンゴル、アイスランドにも旅行し、それらの体験を、エッセイの形で文庫『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』にまとめた。若林さんが、旅行を通じて得たものは何だったのか、ご本人に聞いた。


――キューバ旅行の部分のみで構成されている単行本は2017年の出版ですが、改めて、なぜ初の海外旅行がキューバだったんですか?

今の東京……資本主義や新自由主義の下での東京では、商品と広告が溢れて、競争に勝つことや富を蓄積することで「勝ち組」になれるシステム。そんな中、100%自己肯定するのは、非常に難しいルールになっていると思うんです。だったら、その真逆のシステム「社会主義国」を見てみたい。そしてどうせ社会主義国なら、陽気な人たちがいるイメージの国に行きたいな、と思って(笑)、キューバを選びました。

――今回文庫化に当たって、その部分は、改めて読み直しましたか?

ゲラの確認もあって、何度か読み返してみました。感想は……東京ってどういうところなのかを知るために1人でキューバに行っていろいろ考えて、しつこい男だなって(笑)。キューバ旅行は今からもう4年前だから、38歳ぐらいでしょう。こいつ、早く大人になれよ、と思いましたね(笑)。

――文庫化にあたって、解説をCreepy NutsのDJ松永さんが書かれています。若林さんの方から依頼をされましたが、なぜDJ松永さんだったんですか?

あとがきの「コロナ後の東京」で、「サル山の掟と資本主義の格差と分断から自由になれる隠しコマンド」として、“血の通った関係と没頭”って偉そうに書いちゃったから。「若林、おまえ本当にその血の通った関係はあるのかよ?」って聞かれたときに、いやあるんですよ、って言いたいがために、松ちゃんにお願いしました(笑)。

――DJ松永さんと「血の通った関係」と言えるようになったのは、どういう経緯だったんでしょうか?

南海キャンディーズの山里亮太さんと“たりないふたり”ってユニットでライブをやらせて頂いているんですが、Creepy Nutsがファンでいてくれて、「たりないふたり」という曲を書いてくれたんです。それで一緒にご飯を食べに行ったりし始めた、というのが彼らのメジャーデビュー前ぐらいで。ラジオもずっと聴いてくれているし、僕も日本語ラップが大好きなので、すごく嬉しくて……っていうところからの仲です。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬若林正恭

定価:本体720円+税発売日:2020年10月07日

ナナメの夕暮れ若林正恭

定価:本体1,200円+税発売日:2018年08月30日


 こちらもおすすめ
インタビューほか安倍=トランプ時代の今、キューバの歴史に学ぶこと――『フィデル出陣 ポーラースター』(海堂 尊)(2020.09.07)
特集ミックス・テープ 新連載 第1回 タレントDJ<特別全文公開>(2020.07.22)
インタビューほか吉本興業のありのままの姿がわかる(2020.08.20)
インタビューほかウィズ・コロナ時代の伝統芸能(3)ナイツ(漫才)(2020.08.11)
書評「何日も暗闇にいると人間はどうなるか」──『極夜行』に挑むまでの濃密な3年間(2019.04.03)