本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【『監禁面接』文庫化】残虐描写はないのにルメートルらしさ全開! 人生どんづまり男の、一発逆転再就職サスペンス

【『監禁面接』文庫化】残虐描写はないのにルメートルらしさ全開! 人生どんづまり男の、一発逆転再就職サスペンス

文:編集部

『監禁面接』(ピエール・ルメートル)


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

『監禁面接』(ピエール・ルメートル)

 そもそも本国フランスでは数多くのミステリー賞を受賞してきましたし、『天国でまた会おう』ではフランスでもっとも権威ある文学賞であるゴンクール賞を受賞しました。

 最初の英訳作となった『その女アレックス』が、イギリス推理作家協会が最優秀の翻訳ミステリーに与えるインターナショナル・ダガー賞の二〇一三年の受賞作になったのを皮切りに、『悲しみのイレーヌ』が二〇一四年の同賞最終候補、二〇一五年には『傷だらけのカミーユ』でまたもや同賞を受賞、さらに翌二〇一六年には『天国でまた会おう』でみたびインターナショナル・ダガー賞を受賞、二〇一七年にも『死のドレスを花婿に』が同賞最終候補に、といった具合で、イギリスでもっとも注目される海外ミステリー作家の地位を確立しています。

 イギリスに比べると欧州のミステリー作家の輸入が多くないアメリカですが、かのスティーヴン・キングがルメートルをチェックしており、「真にすばらしいサスペンス作家だ」と賛辞を送っています。また、ポーランドの作家ジグムント・ミウォシェフスキの『怒り』が随所でルメートル作品にオマージュを捧げていて、「ポーランドのピエール・ルメートル」と称されてベストセラーになったとのこと。ルメートルの名は東ヨーロッパにも轟いているようです。

 さて、今後の日本での刊行予定ですが、現在未訳となっているのは、犯罪小説Trois jours et une vie、小社より刊行予定でノンシリーズ作品です。ルメートル自身が「ノワール」と呼ぶ、殺人を犯した少年をめぐるダークな物語で、いわばゴンクール賞受賞作家としてのルメートルと、ミステリー賞受賞作家としてのルメートルを融合させたような作品に仕上がっている模様です。


(単行本巻末の「解説」を転載しました。)

文春文庫
監禁面接
ピエール・ルメートル 橘明美

定価:968円(税込)発売日:2021年01月04日

プレゼント
  • 『池田大作と創価学会』小川寛大・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/16~2024/2/23
    賞品 『池田大作と創価学会』小川寛大・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る