本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
没後40年 向田邦子、いまふたたび

没後40年 向田邦子、いまふたたび

文:文春文庫部


ジャンル : #小説 ,#随筆・コミックエッセイ

紡がれた言葉は色褪せず、いまも輝き続ける。

時を経てもなお、あらゆる世代に読み継がれる向田作品へ、4人の作家がメッセージを寄せてくれました。

いま書店では文春文庫「没後40年 向田邦子」フェアを実施しています(フェアは一部書店で開催中です)。

この機会に、是非、手に取ってください。


『隣りの女』×原田マハ

『隣りの女』

小説を書く前から、自分の中にベースとしてあるのは1人の女性としての「向田邦子スタイル」だ

「一生に一度でいい、恋っての、してみたかったの」――平凡な主婦が飛び込んだNYへの恋の道行を描いた表題作、嫁き遅れた女の心の揺れを浮かび上らせた「幸福」「胡桃の部屋」、異母兄弟の交流を綴った「下駄」、絶筆となった「春が来た」の5篇を収録。温かい眼差しで人間の哀歓を紡いだ短篇集。


『あ・うん』×小川糸

『あ・うん』

もう何度読んだかわからない。

間違いなく、私が最もくり返し読んでいる作品

神社の鳥居の狛犬のように親密な男の友情と、親友の妻への密かな思慕を、太平洋戦争をひかえた世相を背景にあざやかに描いた長篇


『父の詫び状』×伊吹有喜

『父の詫び状』

人生の哀歓や人の裏表。

すべてを見通しながらも温かい。

その眼差しがたまらなく好きです

宴会帰りの父の赤い顔、母に威張り散らす父の高声、朝の食卓で父が広げた新聞……だれの胸の中にもある父のいる懐かしい家庭の息遣いをユーモアを交じえて見事に描き出し、“真打ち”と絶賛されたエッセイの最高傑作。また、生活人の昭和史としても評価が高い。航空機事故で急逝した著者の第一エッセイ集。


『阿修羅のごとく』×平松洋子

『阿修羅のごとく』

20代で観た“阿修羅”に戦慄!

この脚本家が手がけるドラマはなぜこうも忘れられないのだろう

父親の愛人問題にやきもきする四姉妹。だが、彼女たちもそれぞれ複雑な問題を抱えていた。赤裸々に描かれた家族のエゴと愛憎。向田ドラマの到達点ともいえる、問題作。


向田邦子を読む
文藝春秋編

定価:770円(税込)発売日:2021年08月03日

隣りの女
向田邦子

定価:660円(税込)発売日:2010年11月10日

あ・うん
向田邦子

定価:627円(税込)発売日:2003年08月01日

父の詫び状
向田邦子

定価:693円(税込)発売日:2006年02月10日

阿修羅のごとく
向田邦子

定価:814円(税込)発売日:1999年01月08日

ページの先頭へ戻る