本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「皇室制度ははかない存在で、知恵と力を絞らなければ滅びていく」 林真理子が“皇族の結婚の小説”で描きたかったこと

「皇室制度ははかない存在で、知恵と力を絞らなければ滅びていく」 林真理子が“皇族の結婚の小説”で描きたかったこと

出典 : #文春オンライン
ジャンル : #小説

方子女王の縁談は伊都子妃主導だった

――そこで展開するのが、方子女王の縁談です。日本に併合された朝鮮王朝の王世子、李垠(り・ぎん)がお相手ですが、この縁談を進めたのが母である梨本宮伊都子妃であるとしたのがこの小説の肝ですね。

 新城道彦・フェリス女学院大学准教授の『天皇の韓国併合』を読んでいたら、伊都子妃殿下から頼まれて縁談をまとめたという宮内省宗秩寮主事、小原駩吉の講演録が載っていたんです。伊都子妃は日記を書いていて、それをまとめた『梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和』(小田部雄次著)はとても参考になりました。そこに「兼々あちこち話合居たれども色々むつかしく」(大正5年7月25日)と、方子さんの縁談に関する記述がありました。「あちこち」というのは他の皇族に頼んでいたという意味にとっていたんですが、そうではなく内々に進めていたのだと小原の講演録を読んで納得しました。

 これまで方子さんの結婚について、日本では韓国併合を進めるための政略結婚で、泣く泣く嫁いだ悲劇の女王と思われていました。そうではない、伊都子妃主導という視点に出合ったことがすべての始まりでした。

資料を見ながら妄想して世界を作っていくのは楽しかった

――その視点があってこそ、内親王の結婚事情が無類の面白さになっています。日々の暮らしから伊都子妃の心情まで、皇族の内側に踏み込んでディテール豊かに描き出しているのは、まさに林ワールドです。

 私は実は皇族華族フェチで、本もたくさん読んできたんです(笑)。このテーマは自家薬籠中のものといっていいでしょう。資料を見ながら妄想して世界を作っていくのは、すごく楽しかった。

――方子女王は当初、皇太子裕仁殿下(のちの昭和天皇)のお后候補の1人と目されますが、従妹の久邇宮良子(ながこ)女王に敗れ李家に嫁ぎます。さらに妹の規子女王も山階宮家との縁談が不調となります。ここに至って伊都子妃が狂ったように泣き叫ぶところは読みどころの一つですが、これはフィクションですか。

 本当にあったことです。ヒステリーになって、治療を受けています。そこから雄々しく立ち上がって、お相手を「華族名鑑」から選んでやるわと猛然と調べ始めるというのは私の想像ですけれど(笑)。日記に沿って日常を構築していますから、そんなにでたらめなことは書いていません。

李王家の縁談
林真理子

定価:1,760円(税込)発売日:2021年11月22日

李王家の縁談
林真理子

発売日:2021年11月22日

ページの先頭へ戻る