本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
2月21日発売の天祢涼『陽だまりに至る病』は、コロナ禍の闇に迫る切ない社会派ミステリー!

2月21日発売の天祢涼『陽だまりに至る病』は、コロナ禍の闇に迫る切ない社会派ミステリー!

『陽だまりに至る病』(天祢 涼)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』に続く、〈仲田・真壁〉刑事コンビの第3弾『陽だまりに至る病』は、コロナ禍で起こった殺人事件をめぐる社会派ミステリー。一足先に、書店員さんから熱い感想が届きました!

「コロナ禍を描いた作品の中でも断トツ」

「見事なタイトル回収まで……。読後感が最高でした」

「子どもの世界がとてもリアル」

〈感想第1弾〉をご紹介。


『陽だまりに至る病』(天祢 涼)

文苑堂書店 新湊店 鳥山孝治

コロナ禍を描いた作品の中でも断トツで刺さりましたっ!

目に見えないものに追い詰められていく焦りと不安。大人たちですら未曾有の事態に自分のことで精一杯な中、子どもたちの不安はどれだけのものだったろうか。子どもたちの声なき声がこの作品から聞こえてきました。

精文館書店 豊明店  近藤綾子

このシリーズで、毎回、秀逸だなぁーと思うのが、タイトルです。今回も、最高です。

コロナはもちろん、何の病気にもかかりたくはないですが、この「陽だまりに至る病」には、かかっても良いですね。今こそ、この陽だまりに至る病が、必要な人が多い気がします。

BOOKPORT 書籍部 成川真

おいおい、今作はダーク路線? と思っていたところ、最後の最後にとんでもないどんでん返し! 思わず涙腺がゆるんだのは年のせいだけではないと思います。そしてそこで見事なタイトル回収まで……。読後感が最高でした。

未来屋書店 宇品店 山道ゆう子

天祢さんが描かれる子どもの世界は今回もとてもリアル。最後に起きた少女達の化学反応に心が優しく震えました。

くまざわ書店 錦糸町店 阿久津武信

前作で幅広さや奥行きの増した〈仲田・真壁〉シリーズに、新たに深みが加わった。

水嶋書房 金剛店 浦辺千栄子

ちょっと大人びた(というか、周りの期待を背負って背伸びした)咲陽と、大人にならざるをえない育ち方をした小夜子の交流が見もの。2人の「さよ」は、辛い現実を乗り越えて、温かな陽だまりを心に持つように育っていってほしい。我々大人の責任も考えつつ、そう願います。

水嶋書房 くずは駅店 永嶋裕子

子どもの社会は大人の社会をそのまま正直に映す。子どもも泥を飲み込んで、いつか大人になる。その時、瞳に映る世界が、濁ったり曇ったり澱んだりするだろう。大人と呼ばれる私たちは、少しでもその世界に光を見出せるように。そんなことを考えた一冊でした。

明林堂書店 浮之城店 大塚亮一

最後の章に辿り着き真実がわかったとき言葉が出なかった……

誰でも人には言えない苦しみを一つは持っているもの。

あらゆる世代の人に読んで欲しい、著者の強いメッセージがこもった新感覚ミステリー。

単行本
陽だまりに至る病
天祢涼

定価:1,870円(税込)発売日:2022年02月21日

文春文庫
希望が死んだ夜に
天祢涼

定価:869円(税込)発売日:2019年10月09日

単行本
あの子の殺人計画
天祢涼

定価:1,815円(税込)発売日:2020年05月22日

プレゼント
  • 『陰陽師 烏天狗ノ巻』夢枕獏・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/09/29~2023/10/6
    賞品 『陰陽師 烏天狗ノ巻』夢枕獏・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る