本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【8/6(土)13時~】竹宮ゆゆこ×岡田育ライブトーク!!「わたしたちの偏愛」

【8/6(土)13時~】竹宮ゆゆこ×岡田育ライブトーク!!「わたしたちの偏愛」

別冊文藝春秋編集部

YouTubeライブでの生配信トーク!


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

『とらドラ!』シリーズや『砕け散るところを見せてあげる』など、思春期の衝動を圧倒的熱量で描き出す異才・竹宮ゆゆこさん。
 最新刊『あれは閃光、ぼくらの心中』は、15歳のピアニスト志望の中学生と25歳のホスト、男子ふたりの奇妙な共同生活を描いた物語です。
 竹宮さんにとって「自分の愛するものを全部詰め込んだ、集大成的作品」という本作。その刊行を記念して、竹宮さんにご自身の「偏愛」についてどっぷり語っていただく、初のオンライントークイベントを開催します! 

 対談相手には、文筆家の岡田育さんをお迎えします。
 岡田さんは『我はおばさん』、『オトコのカラダはキモチいい』(共著)など、理性と欲望の狭間に苦悩する現代人を見つめつづけてきた、まさに「偏愛」のスペシャリスト。
 著書『ハジの多い人生』では、少女時代は「教室のハジッコ」で、小説や漫画に耽溺していた……と回想されていましたが、そんな岡田さんに竹宮さんは強くシンパシーを感じられたとか。おふたりのルーツをたどると、同世代、かつともに中高を女子校で過ごされたということもあり、思春期に影響を受けたモノや作品に数多くの共通点があるようです。
 イベント当日はそんなおふたりに、ご自身を形作ってきた作品たちへの愛を存分に叫んでいただきます(まずは『聖闘士星矢』から!)

 また、『あれは閃光、ぼくらの心中』の主人公・嶋幸紀の「メガネ男子」っぷりに、岡田さんはたいへん心動かされたとのこと。嶋は音大付属中学のピアノ科に通う15歳ですが、竹宮さんにとっても「理想のメガネ男子」だといいます。

 なぜメガネ男子はこれほどに私たちの心を惹き付けてやまないのか――この深淵かつ永遠のテーマについても、おふたりにじっくり論を交わしていただく予定です。

◆ご質問、大歓迎!

おふたりにお訊きしたいことやメッセージをお待ちしております!
ハッシュタグ「#わたしたちの偏愛」を付け、事前に note や Twitter で投稿していただいたものには、おふたりといっしょにすべて目を通します。

◆開催概要

[日時]2022年8月6日(土) 13:00~14:30(予定)
[形式]オンライン(YouTubeライブによる配信)
[出演]竹宮ゆゆこ、岡田育 
   ※竹宮さんはお顔出しされない形でのご出演です

《ライブ配信はどなたでも無料でご視聴いただけます》 

URL:https://youtu.be/NAR7ta8_aq8

《アーカイブ動画もご用意いたしました》

WEB別冊文藝春秋」をご購入いただくと、2022年8月12日(金)~9月30日(金)の期間中、自由にご視聴頂けます。

お申し込み・詳細はこちらをご覧ください。

[お問い合わせ]
文藝春秋 別冊文藝春秋編集部
メール:betsubun@bunshun.co.jp

◆登壇者プロフィール

竹宮ゆゆこ

1978年、東京都生まれ。 2004年『電撃hp SPECIAL』に掲載された「うさぎホームシック」でデビュー。 シリーズ作品として「わたしたちの田村くん」「とらドラ!」 「ゴールデンタイム」、長篇小説に『砕け散るところを見せてあげる』『知らない映画のサントラを聴く』『応えろ生きてる星』『あなたはここで、息ができるの?』『いいからしばらく黙ってろ!』などがある。

岡田育

1980年、東京都生まれ。編集者を経て、2012年より本格的にエッセイ・コラムの執筆を始める。テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍。著書に『ハジの多い人生』、『オトコのカラダはキモチいい』(二村ヒトシ・金田淳子との共著)、『40歳までにコレをやめる』、『女の節目は両A面』など。2015年よりニューヨーク在住。

 

『あれは閃光、ぼくらの心中』(竹宮ゆゆこ)

音大付属中学に通う嶋幸紀・15歳。ピアノ一筋の人生が暗転し、冬の夜に自転車で家出する。道に迷いヤンキーに追いかけられた先で遭遇したのは、夜空にギラギラと輝く25歳のホスト、弥勒。酔っぱらった弥勒に縋り部屋に転がり込むとそこは……。それぞれに問題を抱え、行き場のない二人が織りなす、胸キュン青春小説。

 

小説好きのためのコミュニティ・WEB別冊文藝春秋にて

『あれは閃光、ぼくらの心中』第一章を全文公開中です!

 

文春文庫
あれは閃光、ぼくらの心中
竹宮ゆゆこ

定価:935円(税込)発売日:2022年06月07日

電子書籍
あれは閃光、ぼくらの心中
竹宮ゆゆこ

発売日:2022年06月07日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る