本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
各紙誌で絶賛! 村上春樹作品の原風景がここにある『猫を棄てる』ほか

各紙誌で絶賛! 村上春樹作品の原風景がここにある『猫を棄てる』ほか

【文春文庫 11月のラインナップ】

父の記憶、父の体験、そこから受け継いでいくもの。村上文学のルーツ。

『猫を棄てる』(村上春樹 絵・高妍)

ある夏の午後、僕は父と一緒に自転車に乗り、猫を海岸に棄てに行った。家の玄関で先回りした猫に迎えられたときは、二人で呆然とした……。

寺の次男に生まれた父は文学を愛し、家には本が溢れていた。
中国で戦争体験がある父は、毎朝小さな菩薩に向かってお経を唱えていた。
子供のころ、一緒に映画を観に行ったり、甲子園に阪神タイガースの試合を見に行ったりした。

いつからか、父との関係はすっかり疎遠になってしまった――。

村上春樹が、語られることのなかった父の経験を引き継ぎ、たどり、自らのルーツを初めて綴った、話題の書。

イラストレーションは、台湾出身で『緑の歌―収集群風―』が話題の高妍(ガオ イェン)氏。

くわしく見る


文春文庫 11月のラインナップ

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    猫を棄てる
    著者名
    村上春樹 絵・高妍
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    各紙誌で絶賛! 村上作品の原風景がここにある
    村上春樹が自らのルーツを綴ったノンフィクション。中国で戦争を経験した父親の記憶を引き継いだ作家が父子の歴史と向き合う。
  • タイトル
    十字架のカルテ
    著者名
    知念実希人
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    犯罪者の心の闇に迫る精神鑑定医。医療ミステリーの新境地!
    精神鑑定の第一人者・影山司に導かれ、容疑者たちの心の闇に迫る新人医師の弓削凜。だが、彼女も心の中で重い十字架を背負っていた。
  • タイトル
    満月珈琲店の星詠み~メタモルフォーゼの調べ~
    著者名
    望月麻衣 画・桜田千尋
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    大好評「満月珈琲店の星詠み」シリーズ第4弾!
    どの惑星よりも強いエネルギーを持つ冥王星は社会に大きな影響を与えるが、満月珈琲店の星遣いの猫たちの「変容」にも関わっていた。
  • タイトル
    罪人の選択
    著者名
    貴志祐介
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    人間の愚かさとは? 貴志祐介ワールド全開の作品集
    パンデミックが起きたときあらわになる人間の本性を描いたSFから手に汗握るミステリーまで、人間の愚かさを描く作品集が文庫化。
  • タイトル
    神と王
    著者名
    浅葉なつ
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    壮大な謎、魅惑の世界。神話ファンタジー第2巻
    真の神を探す王・琉劔のもとに小国から招待状が。そこでは、女神が全てを決めるという。『神様の御用人』著者の新ファンタジー!
  • タイトル
    朝比奈凜之助捕物暦
    著者名
    千野隆司
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    正統派時代小説が遂に始動 千野隆司待望の新シリーズ
    父の跡を継ぎ、南町奉行所定町廻り同心となった朝比奈凜之助。剣の腕は立つが、どこか頼りない若者に与えられた殺しの探索とは……。
  • タイトル
    空の声
    著者名
    堂場瞬一
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    オリンピックに命を懸けた、無頼の人気アナウンサー・和田信賢!
    日本が戦後はじめて参加する夏季五輪を放送すべく、当代一の人気アナウンサー和田信賢は体調不良も顧みずヘルシンキに乗り込む。
  • タイトル
    江戸の夢びらき
    著者名
    松井今朝子
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    初代〈市川團十郎〉空前の一代記
    〈荒事〉の開祖にして最後は舞台上で刺殺されたカリスマ。謎多き初代團十郎の生涯を元禄の狂乱と江戸歌舞伎の胎動とともに描き切る。
  • タイトル
    葬式組曲
    著者名
    天祢涼
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    20代の女社長が率いる北条葬儀社には、ある「変わった」一面があった
    喧嘩別れした父の遺言、火葬を嫌がる遺族、子どもの遺体が霊安室で消失……社員わずか4名の葬儀社は故人の“謎”を解明できるのか。
  • タイトル
    ボナペティ!
    著者名
    徳永圭
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    あのひとに捧げる、ときめきの一皿
    経営不振に陥ったビストロを救うのは、デリバリーかケータリングか? そんななか、一心不乱に働いていたオーナーの佳恵が倒れ……。
  • タイトル
    長生きは老化のもと
    著者名
    土屋賢二
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    週刊文春人気エッセイ、1234回目に到達!
    コロナ禍の前も今も、変わり映えのしないツチヤ教授の悠々自粛の日々。この諦念をベースにした前向きさを、若者たちよ、学びたまえ。
  • タイトル
    本当の貧困の話をしよう
    著者名
    石井光太
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    コロナ禍でさらに進んだ貧困問題
    想像を絶する貧困のリアルから様々な支援の方策まで――国内外の最底辺を取材し続けてきた著者が若い世代に全力で届ける感動の講義。
  • タイトル
    虹の谷のアン
    著者名
    L・M・モンゴメリ 松本侑子訳
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    日本初の全文訳シリーズ、第7巻!
    アン41歳、家族で暮らすグレン・セント・メアリ村に新しい牧師一家がやってきた。第一次世界大戦が影を落とす前の平和な時を描く。
  • タイトル
    カッティング・エッジ 上
    著者名
    ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    シリーズ原点回帰のノンストップ・ミステリー!
    NYの宝石店で3人が惨殺された。名探偵リンカーン・ライムが調べるが、現場には不可解な点が。さらに、新たな犠牲者が出て――。
  • タイトル
    カッティング・エッジ 下
    著者名
    ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
    発売日
    2022/11/08
    作品紹介
    シリーズ原点回帰のノンストップ・ミステリー!
    NYの宝石店で3人が惨殺された。名探偵リンカーン・ライムが調べるが、現場には不可解な点が。さらに、新たな犠牲者が出て――。
プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る