本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
満場一致の「本屋が選ぶ時代小説大賞」受賞作! 木下昌輝『孤剣の果て』

満場一致の「本屋が選ぶ時代小説大賞」受賞作! 木下昌輝『孤剣の果て』

「オール讀物」編集部

出典 : #オール讀物
ジャンル : #歴史・時代小説

『孤剣の涯て』(文藝春秋)木下昌輝

 第12回本屋が選ぶ時代小説大賞に満場一致で選ばれた、木下昌輝さんの『孤剣の涯て』の舞台は、大坂の陣の前夜。大御所家康が「五霊鬼の呪い」を被り、老境にあるかつての剣豪・宮本武蔵に呪詛者の探索が依頼された。愛弟子の死にこの呪詛者が関わっているとみた武蔵は、弟子の仇を討つため依頼を受け、密かに大坂城へ向かう――。

 奈良県で育った木下さんは、幼い頃、大阪で町工場を営む祖父に連れられ、大阪城公園に隣接する京橋のツインタワーによく遊びに来ていたという。

「真田幸村のファンだったので、お城を眺めるのは好きでしたけど、今も昔も、心浮き立つ感じはしませんね。やっぱり大阪城って敗者の象徴という感じがするので。実家の町工場を手伝っていると、倒産したとか、夜逃げしたとか、そんな話ばかり身近に聞くんです。豊臣の敗北が他人事には思えなくなりました」

 今回、「呪い」を通して大坂の陣を描くという壮大な試みに挑んだ木下さん。二転、三転する謎解きの面白さ、伝奇的なエンタメ性が選考でも高く評価された。

「さっそく本屋さんにお礼行脚に行きたいですね(笑)」

単行本
孤剣の涯て
木下昌輝

定価:1,980円(税込)発売日:2022年05月10日

文春文庫
宇喜多の楽土
木下昌輝

定価:847円(税込)発売日:2021年01月04日

文春文庫
宇喜多の捨て嫁
木下昌輝

定価:847円(税込)発売日:2017年04月07日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る