本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
<恐怖の帝王>が贈る新たなホラー巨編。息子との共著で何が変わったのか?

<恐怖の帝王>が贈る新たなホラー巨編。息子との共著で何が変わったのか?

文:編集部

『眠れる美女たち 上下』(スティーヴン・キング  オーウェン・キング)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『眠れる美女たち 上』(スティーヴン・キング  オーウェン・キング)
『眠れる美女たち 下』(スティーヴン・キング  オーウェン・キング)

 本書は、スティーヴン・キングとオーウェン・キングの合作長編小説 Sleeping Beauties(2017)の全訳で、二〇二〇年十月に刊行された単行本の文庫化となります。

 スティーヴン・キングは、作品の多くが映画化されているホラーの巨匠ですが、同じファミリーネームを持つオーウェン・キングは巨匠キングの実の息子で、小説家でもあります。オーウェンは一九七七年生まれ。父キングの住む町として有名な、アメリカのメイン州バンゴアに生まれ育ちます。二〇〇五年に中短編集 We’re All in This Together を刊行、同書は『すべての見えない光』でピューリツァー賞を受賞したアンソニー・ドーアに「キングは派手な奇想の装いの下で、意味深く胸に迫る物語を語るという役割を決して忘れない」と賛辞を受け、また、人物造形についてアン・タイラーやジョン・アーヴィングと比較されるなど、独特の不気味さを持つ現代小説として高い評価を受けました。

 二〇一三年には第一長編 Double Feature を刊行。カルトなB級映画の監督を父に持つ青年が自身の初の映画を完成させる前後のあれこれを、奇矯な人物を配して描いてゆくもののようです。父親の造形にはスティーヴン・キングを思わせるものがあるので、主人公にはオーウェン自身が投影されているのでしょう。とはいえその執筆活動は文芸系一辺倒ではないようで、セメタリダンス社やサブテラニアン・プレス社といった父キングとも縁の深いホラー系出版社の書き下ろしアンソロジーにも短編を寄稿していますし、エイリアンの侵略を受けた学生街での騒動を描くグラフィック・ノヴェル Intro to Alien Invasion(2015)の原作を手がけたりもしています。

 そんなオーウェンと巨匠たる父のコラボレーションによる本書、読み心地は父キングのそれとほとんど変わりません。とんでもない奇想を中心にし、素朴なアメリカの縮図のようなスモールタウンの群像劇を丹念に描きながら、徐々に緊張感を高めて、最後には全キャラクターと全物語が壮絶なカタストロフィへと雪崩れ込むという、父キングの作品でいえば『アンダー・ザ・ドーム』のような作品と言えばいいでしょうか。パンデミックを物語の駆動源にした大作ということでは、代表作のひとつ『ザ・スタンド』も想起させます。

 舞台は、山や森が多くを占めるアパラチア地方の小さな町ドゥーリング。この町には女子刑務所があり、これが僻地のスモールタウンの最大の産業となっています。この刑務所付の精神科医クリントが主人公のひとり。さらに彼の妻で警察署長のライラ、動物管理官のフランクの三人を中心に、彼らの家族や同僚など、多数の人物の物語を縒りあわせて進んでゆきます。

 そんな群像劇の中心となっている奇想が、謎の疫病のパンデミックです。やがて「オーロラ病」と呼ばれることになる病は、恐らくはウイルスのようなものにより拡がり、女性だけを感染させて深い眠りにつかせてしまいます。眠りに落ちるや、感染者の身体からは蜘蛛の糸めいた繊維が萌え出し、繭状の物質を形成、女性たちはそれに覆われて目覚めなくなる。無理やり繭を破って起こそうとすると、彼女たちはまるで何かにとり憑かれたかのように凶暴化して、周囲にいる人々を襲う――病が全世界に広がるにつれ、そんな事件が世界で頻発、残された者は彼女たちがふたたび目覚めることを信じて待つほかなくなってしまいます。

 それがどんな事態を引き起こすのか? キング父子は不安と恐慌を徐々に高めながら、ドゥーリングの町をひとつのサンプルとして描いてゆくのですが、この町にはひとつ、ここ以外の全世界と異なる事情がありました。ドゥーリングには、この病の影響を受けない女性がいるのです。それはイーヴィと名乗る女性――突然この町にやってきて、麻薬密売人を殺害してアジトを焼き払った廉(かど)で捕らえられ、女子刑務所に拘置されている謎の女性でした。世界でただひとり、眠っても普通に目覚めることのできる女性イーヴィをめぐる謎が、後半のカタストロフィにつながってゆきます。

文春文庫
眠れる美女たち 上
スティーヴン・キング オーウェン・キング 白石朗

定価:1,749円(税込)発売日:2023年01月04日

文春文庫
眠れる美女たち 下
スティーヴン・キング オーウェン・キング 白石朗

定価:1,749円(税込)発売日:2023年01月04日

電子書籍
眠れる美女たち 上
スティーヴン・キング オーウェン・キング 白石朗

発売日:2023年01月04日

電子書籍
眠れる美女たち 下
スティーヴン・キング オーウェン・キング 白石朗

発売日:2023年01月04日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る