本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「学びだって、青春だって、今からでも、いつでも大丈夫」。伊与原新さんの青春科学小説『宙わたる教室』は、今年「一番の推し」だった!

「学びだって、青春だって、今からでも、いつでも大丈夫」。伊与原新さんの青春科学小説『宙わたる教室』は、今年「一番の推し」だった!

『宙(そら)わたる教室』(伊与原 新)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『宙わたる教室』(伊与原 新)

『月まで三キロ』や『八月の銀の雪』など、科学の美しさと日常を重ねた作品で、人気の伊与原新さん。10月20日に発売された最新作『宙わたる教室』は、定時制高校の科学部を舞台に、抱える事情も年代も様々な科学部メンバーが、紆余曲折を経ながら、壮大でユニークな実験に挑みます!

実在の定時制高校の快挙に着想を得たという、この<青春科学小説>には、発売に先立って見本版を読了した皆さまから、驚くほどたくさんの感想をいただきました。全国から届いた熱いメッセージの一部を紹介していきます。(第5回/全5回予定)


あおい書店富士店 望月美保子さん
伊与原さんならではの世界観にどっぷり浸り、余韻で心が埋めつくされました。
学歴も年齢も問わず、知りたい、学びたい探求心が、彼らの無限の可能性が、宇宙の道の世界に広がりどこまでも続くであろう。
またみんなで味わう達成感が、これからの苦難を乗り越えられる強い自信となり糧となった。
心の中に温かい灯火がともる一冊でした。

未来屋書店秋田店 佐藤香奈子さん
科学ってこんなにワクワクして熱くなれるんだ!
様々な事情を抱えた生徒たちを好奇心が突き動かし、仲間に出逢い、ともに成長していく姿に心が震えました。
たくさんのロマンときらめきに満ちた青春小説。
今まで読んだ青春小説の中で一番の推しです!

川上書店ラスカ茅ヶ崎店 鈴木詩織さん
これは一話読み終えるごとに少し知識が得られて心が軽くなる物語。
最近心が疲れて呼吸が上手くできない人は、きっとこの物語に救われる。
私がそうだった。
伊与原さんの物語はみんな優しくて温かい。
嫌なことも辛いこともあるけど、それすら愛おしい。

明屋書店MEGA平田店 山﨑裕也さん
「科学・火星のクレーター・実験、難しい話なのだろうか……」と、超がつくほど文系の私は尻込みしていましたが、登場人物それぞれの葛藤・想いに胸が熱くなり一気に拝読いたしました。
ストレートで強くそして優しい一冊。
藤竹先生の理屈っぽいけれど温かな言葉の数々が、これからこの本を読む読者一人一人の心を前向きなものにきっとしてくれるはず。

未来屋書店姫路大津店 沖川幾美さん
登場人物の誰とも似た境遇ではないのに、全員の抱える痛みや苦しみが伝わってきました。
きっと伊与原さんの書かれる文章がとても優しいからなのかなと思います。
素敵な作品を拝読できて幸せです。

未来屋書店有松店 富田晴子さん
宙を見上げてごらん。
下ばかりむいていた時には見ることが叶わなかった世界が一面に、広がる。
ページをめくる毎に泣けて泣けて、胸に熱いものが湧きあがってくる。
学びだって、青春だって、今からでも、いつでも大丈夫。
ちょっぴり変化球、だけど紛うことなき輝きをぎゅっとあつめた、最高の青春譚だ。

三省堂書店海老名店 竹村 真志さん
「今年の一冊」に出逢ってしまったかも知れません。 
第一章、柳田の秘密が発覚する所から、早くも心を掴まれてしまいました。
章を追うごとに、世代や境遇の違う人々が少しずつ仲間になっていく、まるで王道RPGのような展開に胸が熱くなりました。 
それぞれが、自身の持つスキルや特性を活かして成果を挙げていく姿はまさにRPGのそれです。本当に素晴らしい作品でした…!

大盛堂 山本亮さん
勝手気ままな惑星のようにぐるぐるとまわっていた「学生」たちが、今一番やりたいことに夢中になる尊さと楽しさ。
そしてどんな目を向けられても、くじけそうになっても、最後には自分が自分を信じることの大切さ。
自分もこの小説の輪のなかに入りたい。心からそう思った。

単行本
宙わたる教室
伊与原新

定価:1,760円(税込)発売日:2023年10月20日

電子書籍
宙わたる教室
伊与原新

発売日:2023年10月20日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る