本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
世界が認めたスタア・バー、岸久のシグネチャー・カクテル(2)<br />サマー・ヒース…最初のコンクール優勝作品

世界が認めたスタア・バー、岸久のシグネチャー・カクテル(2)
サマー・ヒース…最初のコンクール優勝作品

『スタア・バーのカクテルブック』 (岸久 著)


ジャンル : #趣味・実用

銀座1丁目、並木通りにあるスタア・バー。 「IBA 世界カクテルコンクール」で日本人初の世界チャンピオンとなった岸久の作るカクテルは、世界で注目を集めている。 海外からも高く評価されている岸のカクテルには、どんな工夫が凝らされているのか。5回に渡りスタア・バーの魅力的なカクテルを紹介する。

サマー・ヒース
写真 山口規子
『スタア・バーのカクテルブック』 (岸久 著)

【レシピ】
スコッチ・ウイスキー(デュワーズ12年) 40ml
クレーム・ド・カシス(ルジェ ノワール・ド・ブルゴーニュ) 10ml
ドランビュイ 10ml
フレッシュ・ライムジュース 1tsp.

【作り方】
材料と氷をシェーカーに入れ、シェークする。
パールオニオンとミントの葉を飾る。

◆ヒースというのは英国やスコットランドの大地に咲く、薄紫の可憐な花です。その花をイメージして作ったオリジナル・カクテルがサマー・ヒース。1989年に、第4回スコッチ・ウイスキー・カクテル・コンクールで優勝した作品です。このコンクールは、カクテルの世界では芥川賞に位置づけられています。24歳のとき、最年少で優勝したときは、天にも昇る思いでした。注文してくださるお客さまも多く、スタア・バーでもスタンダードに準ずるカクテルです。

 

岸 久(きし ひさし)

1965年、東京都生まれ。大学時代のアルバイトを通じてバーテンダーの世界へ。銀座の会員制老舗バーで修業し、1996年に「IBA 世界カクテルコンクール」で日本人初の世界チャンピオンになる。2000年12月銀座1丁目に「スタア・バー」を開く。2008年「現代の名工」に選ばれる。2014年秋、黄綬褒章受章。2012年より日本バーテンダー協会会長。著書に『スタア・バーへ、ようこそ』『DVDカクテルの楽しみ方BOOK』(監修)がある。

スタア・バー・ギンザ
東京都中央区銀座1-5-13 三弘社ビルB1F
http://starbar.jp/

スタア・バーのカクテルブック
岸 久・著

定価:本体1,100円+税 発売日:2015年08月20日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『墜落』真山仁・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/6/24~2022/7/1
    賞品 『墜落』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る