インタビューほか

志をいだき、野望を持ち、家康の周りに集まった異才たち

「本の話」編集部

『常在戦場 家康家臣列伝』 (火坂雅志 著)

志をいだき、野望を持ち、家康の周りに集まった異才たち

――火坂雅志さんの新刊『常在戦場 家康家臣列伝』はタイトルにあるように、徳川家康の天下取り、そして幕藩体制安定に尽力した異能、異才の家臣たちの連作小説です。

火坂 家康には毀誉褒貶がありますが、ひとりの政治家として、やはり傑出した人物です。その人の周りには様々な人物が集まってきます。彼自身は律義者と言われますが、時に政治家として非情な決断をしなければならない場面が出てきます。そんな家康の周りに集まってきた人物は、もちろん能力があるし、志があったり、野望を抱いていたりします。1度そういう人物たちを書いてみたいと思っていました。これまで私はどちらかというと主役級というよりもマイナーな人物を書いてきました。その方が面白いですからね。この本でも、あまり光を当てられていない人物を多く取り上げようと思いました。家臣列伝ということで、いわゆる武将ばかりを期待されているとちょっと違うかもしれません。

――家康のライバル、豊臣秀吉の家臣に関しては既に『壮心の夢』(文春文庫刊)で書かれていますね。二作を較べると読後感が違います。秀吉の場合は哀愁が漂い、家康の家臣団は強さというのか爽快感のようなものを感じます。

火坂 豊臣家の場合、秀吉が晩年、変わっていってしまい、滅亡するという悲劇がありますからね。家康の方は、天下を取ってから国造り、天下泰平の世を現出するという命題があります。その点で家臣の色合いが違ってくるのかもしれません。特に意識して書いているつもりはなかったのですが、年齢とともに私の見方が変わってきたのかもしれません。

――秀吉にも天下統一のあと国造りに取りかかる時間はあったと思うのですが。

火坂 成功した方法を続けてしまったのですね。内政を重視すべきときに拡大政策を続けて、朝鮮にまで出兵してしまいます。ギアを変えられなかったというのでしょうか。変えなければいけなかったのですが。どう国を治めていくかを考えなかった。家康はそれを見ていたのでしょう。織田信長、豊臣秀吉のように1人のカリスマが君臨しているようでは政権は長続きしないと感じたのだと思います。信長は部下の裏切り、つまり人使いに失敗した。秀吉は自己の拡張主義に固執してしまった。一方、家康の周りには商人では茶屋四郎次郎、角倉了以。林羅山のような儒者。金山銀山の開発を行った大久保長安。三浦按針という外国人までいました。それだけ人使いがうまかったのです。人を生かして法でまとめ、人材が能力を発揮できるような状態が最も安定した政権だと考えたのでしょう。将軍が凡庸でも、下にいる老中たちが国を維持していきます。

――幕府樹立後、秀忠に将軍職を世襲したのも大きいですね。

火坂 引退したとはいえ、大御所政治を始め、実際は自分が牛耳っていきます。そのとき、天下取りのための人材とその後の人材をガラリと変えてしまいます。ここまで変えることはなかなかできることではありません。それまで家康のために尽くしてきた家臣を冷遇するわけですから。例えば「梅、一輪」の章の、草創期の合戦からすべてに参戦している三河譜代大名の代表である大久保忠隣(ただちか)も変化した流れについていけなくなります。武功派だった彼は文治派の本多正純に追い落とされ、更迭されて悲劇的な晩年を迎えます。

【次ページ】家康は信長、秀吉を継承する戦国の英雄なのか

常在戦場

火坂雅志・著

定価:1680円(税込) 発売日:2013年03月28日

詳しい内容はこちら