書評

『真夜中の相棒』解説

文: 池上 冬樹 (文芸評論家)

『真夜中の相棒』 (テリー・ホワイト 著 小菅正夫 訳)

 ああ、いい小説だなあと率直に思った。三十年ぶりの再読であるが、三十年前に読んだときよりも印象が深い。こんなにいい小説だったのかとさえ思った。

 三十年前、本書が上梓されたとき、女性作家が書いたハードボイルドとしてかなりの話題をよび、当時ミステリ・ベストテンでも上位に入ったし、一九八〇年以降の名作ガイドの決定版『ミステリ・ベスト201』(瀬戸川猛資編、新書館)でもとりあげられたし、いまだに多くの人が熱い思いで語る作品なのだが(そのわりに品切れが続いていて今回の復刊の運びとなったのだが)、個人的なことをいうなら、三十年前、この同性愛的な雰囲気の強い作品にやや距離を覚えたのも事実である。海外ミステリ史的にはゲイ・ミステリの走りとして、九〇年代以降にどっと出てくる本格的な(つまり同性愛をカミングアウトした主人公たちの)ゲイ・ミステリの先鞭をつけた作品であり、現在から見ればいささか描写が淡いかもしれないけれど、それでも三十年前は、この男同士の会話にしろ、仕種にしろ、ずいぶん濃いイメージがあり、それで多少の戸惑いを覚えたのである。

 しかしどうだろう。いま、くもりなく自然に読めば、違う景色が見えてくるのではないか。作者が同性愛的な文脈を巧みに作り上げていることは事実だが、はたしてどこまでゲイ・ミステリを意識したかはわからない。作者が描きたいのが同性愛ではなく、もちろん異性愛でもなく、むしろ同性愛・異性愛を超えた愛であることは、予想もしない結末を見ればわかるだろう。人を精神的に愛することとは何なのか、庇護すべきものは何なのか、僕らがいま生きている現代社会において、精神の脆い者たちを守り、ともに生きるとは何なのかをとことん追求している。だからこそいつまでも語り継がれているのである。


 さて、物語を紹介しよう。まず、プロローグから読者を引きつける。

 その殺しの仕事はいつもと変わらないはずだった。マックの運転する車からジョニーが降りてビルに侵入し、数分後、標的を仕留めて帰って来た。だが、様子が違っていた。部屋には組織を牛耳る男しかいないはずだったが、もう一人いて、その男も殺してきたという。組織の男ならたいして問題はなかった。しかしそうではなかった。

 マックとジョニーは、ヴェトナムの戦場で出会った。住民を虐殺した村のなかで、ひとり虚脱した青年兵のジョニーがいた。精神を病み、だれかそばにいないと生きていけないほどだった。マックはジョニーの面倒を見、除隊したあとも、ニューヨークで一緒に生活をはじめるが、窮乏から殺し屋稼業に乗り出す。マックが仕事をとり、ジョニーが殺す役割だった。腕利きの評判を勝ち得ていたが、招かざる客を射殺して運命が変わる。

【次ページ】

真夜中の相棒
テリー・ホワイト・著 小菅正夫・訳

定価:790円+税 発売日:2014年04月10日

詳しい内容はこちら