書評

人物・人脈から見た安倍政権

文: 御厨 貴

『政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝』 (御厨貴 著)

御厨貴みくりやたかし/昭和26(1951)年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業。ハーバード大学客員研究員、東京大学教授などを経て、東京大学名誉教授・放送大学教授・青山学院大学特別招聘教授。専門は政治史、オーラル・ヒストリー、公共政策、建築と政治。著書に『安倍政権は本当に強いのか』(PHP新書)、『知の格闘』(ちくま新書)、『馬場恒吾の面目』(中公文庫、吉野作造賞受賞)、『オーラル・ヒストリー』(中公新書)、『政策の総合と権力』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)など。TBSテレビ「時事放談」の司会も務める。

 馬場を書いて二十年。彼が九・一の関東大震災の「災後」政治を論じたことと、三・一一の東日本大震災の「災後」政治を論ずることとが、私の中で激しくフラッシュバックした。今こそこの危機の時代に「人物評論」をモノせねばという気分に満たされた。『毎日新聞』は快く私の申し出を受け入れてくれた。そこで毎日のスタッフたちと話し合いながら、この二年間ターゲットを定めてきた。

 テーマは「災後」政治を象徴する安倍政権とその周辺を、あくまでも「人物評論」に即して浮き彫りにすることだった。既に「権力の館を歩く」にて、三年間同様のやり方で経験済みであったとはいえ、動かざる館と動いてばかりの人物とでは勝手が全く違った。

 捕らえた筈(はず)の人物が、いつのまにやら我が手から離れてずっと向こうに行ってしまっている。さあどうしようと思い悩んだ日々のことばかりが記憶に残っている。

 大切なことは風評風聞に惑わされず自らの距離と位置をきちんと定めることにある。そのために取材に全力を集中する。短くとも三十分、長くとも一時間の取材が、我が人物評論の出来栄えを決した。五感を全開にして対座している政治家の発するオーラと周辺の空気を感じとることが、何よりも大切。いくらオーラル・ヒストリーのベテランと称されようとも、それとは全く異なる体験だ。

 先(ま)ずはお見合いから入るゆとりはない。一回こっきりで話がズレたらおしまい。だから用意した質問事項など何の役にも立たぬ。毎回その折その場で腰だめのまま銃を撃たねばならなかった。

 正直言って、取材の結果がそのまま評論の成果に結びついた。自己採点でも色々ある。ただ今回の経験を通じて感じえたことがひとつ。政治家とは摩訶(まか)不思議な存在である。また厄介な存在でもある。でもフッと見せるホンネの部分とあくまでもタテマエの部分、それらが相俟(ま)って彼等のチャーミングさを醸し出しているのは間違いない。果たして“師”たる馬場恒吾の筆さばきに追いついたか否か。それはまだ分からない。

(「はじめに」より)

政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝
御厨貴・著

定価:本体750円+税 発売日:2015年06月19日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評第一級の史料が示唆する「昭和天皇の肉声」(2015.03.23)
書評「戦う経営者」の最強リーダー論(2010.04.20)
書評佐々淳行(初代内閣安全保障室長)が見た 戦後の政治家 ベスト5 ワースト5(2014.08.28)
書評あけっぴろげな政治談議の可能性(2014.05.21)
書評鳩山一族の暗部をあぶりだす男(2009.11.20)