インタビューほか

リーダーとマネージャーの役割の違いについて

「オール讀物」編集部

石渡美奈(ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長)

 祖父が創業した老舗飲料会社に入社し、三代目社長に就任したホッピービバレッジ代表取締役の石渡美奈さん。「オヤジっぽい」イメージで低迷していたホッピーの認知度アップに取り組み、落ち込んだ売上高を、V字回復させた経営手腕の秘密に迫る。

『野口英世』の伝記からも影響を受けました。英世は小さい頃、左手にやけどを負いますが、諦めずにロックフェラー医学研究所の正員となり、黄熱の研究に取り組み、病原菌の解明まであと一歩のところまで迫ります。小学生の頃、この姿勢に感動し、ワクワクしたことを覚えています。苦境にめげず、言い訳をすることなく、高み、高み、高みを目指そうと幼心に誓ったんですね。

 二〇一〇年に社長に就任してからというもの、“リーダーとマネージャーの役割の違い”について考えることが増えました。会社の方針、方向性に沿って、今ある経営資源を活用し、目標達成に繋げていくために人を束ねるのは、マネージャーの役割です。トップの仕事は、そうではない。いうなれば、キング牧師のように、“I have a Dream.”と語りかけ続けることだと思うんです。人々の心を動かし、いつしか“That's our Dream.”に変え、部下たちの心に火をつける。これこそがリーダーの役割ではないでしょうか。

 経営者にはよくある話なんですが、社長が懸命に仕事をして、時にはコストカットの指示を出し、業績も伸ばしたが、後ろを振り返れば誰もいなかった、と。リーダーがマネージャーの仕事をしていては、社員の心に火はつかないんです。気が付けば、人が後ろについてきている存在が真のリーダーだと考えたときに、『ももたろう』が浮かんだんです。

 桃太郎は、キジや犬や猿を家来にしますが、お腹を空かせているようだからきびだんごを分けてあげただけ。歩いていると自然と、家来が増えたんだと解釈できませんか? 桃太郎こそが、“きびだんご”という輝く夢を持つ、リーダーだと。

 日々、部下に夢を持てと語り、内省と対話の必要性を説いていますが、実はこの頃、携帯電話を持たずに、一時間くらいフラッと席を外すことがあるんです。私にも内省の時間が必要なんです(笑)。


お勧めの3冊

・『赤毛のアン』 (モンゴメリ 著) 新潮文庫

・『野口英世 見えない人類の敵にいどむ』 (滑川道夫 著) 講談社 火の鳥伝記文庫

・『ももたろう』 (松谷みよ子 著) フレーベル館

石渡美奈(いしわたりみな)

石渡美奈

1968年生まれ。立教大卒業後、大手企業などを経て、97年、ホッピービバレッジに入社。2010年4月、社長に就任。主な著書に『ホッピーでHAPPY!』(文春文庫)

会社メモ:1910年、サイダーなどを製造販売する秀水舎として設立。48年にホッピーの販売を始め、ミキサードリンクの代表的存在となる。コクカ飲料を経て、95年、ホッピービバレッジに

オール讀物 2016年2月号

定価:980円(税込) 発売日:2016年1月22日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか編集者として憧れた三人の偉大な表現者(2016.01.15)
インタビューほかビジネスマンは、必要とされる人間であれ!(2015.11.04)
インタビューほか本を読み、文章を書くことで思考が整理できる(2015.10.09)
インタビューほかビジネスマン諸君! 感性を鍛える読書を(2015.09.13)
書評日本医療史の光と影にメスを入れて……(2011.04.20)
インタビューほかめっちゃおもろいやつがおる! 出口治明×仲野徹 歴史に残るリーダーたちの物語(前編)(2015.11.10)
インタビューほかめっちゃおもろいやつがおる! 出口治明×仲野徹 歴史に残るリーダーたちの物語(後編)(2015.11.11)