書評

ドラマを見るなら押さえておかねば。「真田幸村像の正常化」へ道を切り開いた一冊

文: 大塚 敬 (日本生命保険相互会社勤務)

『真田幸村』 (小林計一郎 著)

『真田幸村』 (小林計一郎 著)

 30数年前、浪人生だったころ予備校近くの神田神保町の古書店街に歴史本を求めよく歩き、気に入った本を買っては当時並びにあったロッテリアで読み漁ったものである。

 そんな自分の身に歴史好きが染み込んだのは両親が見ていた大河ドラマに影響されるところが大である。そして主体的にのめり込んでいったのは子どもの頃見たNHK人形劇ドラマの「真田十勇士」であり、その後同じNHKの「風神の門」というドラマで「真田幸村」という人物と「司馬遼太郎」という作家に魅入られてからである。その後柴田錬三郎『真田幸村 真田十勇士』、池波正太郎『真田太平記』等、そのたびに「真田幸村」への思いが少年ながら高まってきた……。

 などと酒の席で友人につらつらと「幸村愛」を語っていたら(おそらく熱く語っていたのだろう)、その友人から「こんな本があるけど」と薦められたのが本書である。

 小林計一郎著 『真田幸村』

 正直「小林計一郎って知らないなぁ」と思い、手に入れて奥付を見ると初版1979年の同著が底本となっている。

 1979年といえばこの時代の真田幸村像は江戸時代から脈々と脚色された歴史上の英雄であり、一方で「真田十勇士」に代表されるように忍者をあやつる非現実的な劇場的なイメージが日本人の中に定着していた。

 あえて史実に基づいた真田幸村の評伝というものは、今でこそ形を変え多く存在するが、この時代には筆者の知るところでは他になかったのではないかと思う。その意味では非常にチャレンジャブルで、すこしオーバーな表現を使えば、その後の「真田幸村像の正常化」への道を切り開いた一冊ではないか。

【次ページ】

真田幸村
小林計一郎・著

定価:本体1,050円+税 発売日:2015年10月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評真田幸村物の「定本」決定版。歴史の信繁、文学の幸村(前編)(2015.12.29)
書評真田幸村物の「定本」決定版。歴史の信繁、文学の幸村(中編)(2015.12.30)
書評真田幸村物の「定本」決定版。歴史の信繁、文学の幸村(後編)(2015.12.31)
書評『真田幸村』解説(2014.01.30)
書評天下人・家康を狙う猿飛佐助の超人的能力と、それを追う伊賀忍者の悲哀とは!?(2015.09.25)
書評時は元禄。美しさだけでなく、ひとの生き方を探し求めた時代小説(2015.02.27)
書評黄色い蝶の結んだ縁 両国橋架け替え工事の裏側で(2015.02.06)
書評弱者にエールを送る 時代が求めた歴史小説(2014.11.29)
書評『街道をゆく』以来の歴史紀行文(2014.07.23)