本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで

第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで

『俳優・亀岡拓次』『のろい男』 (戌井昭人 著)


ジャンル : #小説

1月30日から全国公開される映画「俳優 亀岡拓次」。原作の『俳優・亀岡拓次』『のろい男』の著者である戌井昭人さんに、物語のモデルになった土地やお店などをうかがいました。

長野・茅野――亀岡を考えはじめた原点

諏訪湖

 第1話は「寒天の街 長野」。モデルになった場所は、茅野です。

 冬で、山下敦弘監督の「松ヶ根乱射事件」の現場に呼ばれて行きました。夜の空いた時間に、駅の近くの飲み屋に行こうとしたら、雪が降り出して。歩道橋が遠かったので、走って道を渡ろうとして、歩道でつまずいて転んだことを、そのまま小説に書いてます(笑)。飲み屋に安曇さんみたいな素敵な女の人はいなかったんですが、テレビがついていて、町にやたら「寒天」の幟が立っていました。

 亀岡を考え出したのが、この茅野です。街道沿いにボウリング場もあったのかな。

 御柱は見たことがないんですが、諏訪大社には行きました。

【次ページ】和歌山・新宮――バイクで野宿旅行

文春文庫
俳優・亀岡拓次
戌井昭人

定価:748円(税込)発売日:2015年11月10日

単行本
のろい男
俳優・亀岡拓次
戌井昭人

定価:1,485円(税込)発売日:2015年11月14日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る