2016.01.27 特集

第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで

『俳優・亀岡拓次』『のろい男』 (戌井昭人 著)

1月30日から全国公開される映画「俳優 亀岡拓次」。原作の『俳優・亀岡拓次』『のろい男』の著者である戌井昭人さんに、物語のモデルになった土地やお店などをうかがいました。

長野・茅野――亀岡を考えはじめた原点

諏訪湖

 第1話は「寒天の街 長野」。モデルになった場所は、茅野です。

 冬で、山下敦弘監督の「松ヶ根乱射事件」の現場に呼ばれて行きました。夜の空いた時間に、駅の近くの飲み屋に行こうとしたら、雪が降り出して。歩道橋が遠かったので、走って道を渡ろうとして、歩道でつまずいて転んだことを、そのまま小説に書いてます(笑)。飲み屋に安曇さんみたいな素敵な女の人はいなかったんですが、テレビがついていて、町にやたら「寒天」の幟が立っていました。

 亀岡を考え出したのが、この茅野です。街道沿いにボウリング場もあったのかな。

 御柱は見たことがないんですが、諏訪大社には行きました。

【次ページ】和歌山・新宮――バイクで野宿旅行

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特集最終回 坂口安吾「肝臓先生」の舞台にもなった伊東からポルトガルまで(2016.01.30)
特集第3回 ほぼ実話の札幌からロケ現場のワクワク感を知ったあの撮影所まで(2016.01.29)
特集第2回 あのシーンは実話? モロッコの砂漠からミイラ自慢の鶴岡まで(2016.01.28)
インタビュー・対談情けなさの品格――戌井昭人(原作者)×横浜聡子(映画監督)(2016.01.21)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
インタビュー・対談脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編) (2015.11.11)
インタビュー・対談『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)(2015.11.12)