特集

第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで

『俳優・亀岡拓次』『のろい男』 (戌井昭人 著)

東京・上野――浅草時代の日常

雷門

 第3話「東京の東 東京」は、浅草に住んでいたときのことを盛り込んでいます。

 浅草には風呂屋がたくさんあって、今日はどこに行こうかなって、いつも迷ってました。稲荷町の寿湯も好きだったんですが、その近くに、やっているのかどうかわからない弁当屋があって、そこが舞台です。まりも、だったか、まるも、だったか、名前が気になって……あ、「まりっぺ」ですよ「まりっぺ」! 誰だよ、まりっぺって(笑)。

 弁当を買ったことはありません、すんません。ちなみに、合羽橋の「お肉屋さんのお弁当」(肉のマルタケ)をよく買ってました。

 三ノ輪のフィリピンクラブは、べろべろに酔っぱらって、友達と行ったことがあるんですね。古い雑居ビルのなかで、すごく安かった。何年か前に、装幀の池田進吾さんと浅草で飲んだとき、「場末のフィリピンクラブで、すげえとこあるんですよ」って連れて行ったら、がらんどうになってて「なんだよここは!」。潰れてました。鍵が開いてて、店の中まで入れちゃったんですけどね。

 合羽橋の道具街から、風呂屋に寄って、鷲神社のほうへいくのは、いつもの散歩コース。

 蕎麦屋のモデルは、「角萬」です。

 ここの冷やし肉そば、ぶっとくて短めでコシが強くて、うまいんですよ! 唐辛子ぶっかけて食べるのが好きで、よく行ってましたね。「冷や大」が量があってオススメです。

 吉原に行く前に、大声で店に電話してるおっさんが出てきますが、これは全部事実です(笑)。なんでこんな大声でしゃべるんだ、って気になって気になって。隣の人の会話、聞いてしまうほうです。そのまま小説に書いちゃったりしますね。

 葛西臨海公園は、ひとりで自転車で行ってました。浅草から2、3時間くらいで行けるかな。

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
特集最終回 坂口安吾「肝臓先生」の舞台にもなった伊東からポルトガルまで(2016.01.30)
特集第3回 ほぼ実話の札幌からロケ現場のワクワク感を知ったあの撮影所まで(2016.01.29)
特集第2回 あのシーンは実話? モロッコの砂漠からミイラ自慢の鶴岡まで(2016.01.28)
インタビューほか情けなさの品格――戌井昭人(原作者)×横浜聡子(映画監督)(2016.01.21)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
インタビューほか脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編) (2015.11.11)
インタビューほか『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)(2015.11.12)