特集

第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで

『俳優・亀岡拓次』『のろい男』 (戌井昭人 著)

和歌山・新宮――バイクで野宿旅行

 第2話「名優・鎌田登 和歌山」ですが、学生の夏に90㏄のバイクで、テントを張って野宿をしながら、ひとりで紀伊半島を回りました。そのころ中上健次を読んでいて、新宮に行きたかったんですね。

 熊野の山の中で、テントを張って寝ていたら、周囲があまりにも真っ暗になって、怖かったです。なんでおれ、一人でこんなところで寝てるんだろうと(笑)。神はいるな、と思いましたね。そんな場所でした。

左:熊野古道/右:那智大滝

 めはり寿司が美味しかったな。菜っぱでつつんだ寿司です。

 紀伊半島の一番南、紀伊大島でテント張って寝ていたら、大雨が降り出して、身体が水浸しになって目が覚めました。寝られないし、テントは飛んでっちゃうしで、翌日は新宮のビジネスホテルに泊まって、ぐっすり眠りました。ホテルなんかに泊まっちゃって、おれ、日和ってんなと思ったな(笑)。東京から90ccのバイクで行ったんですが、高速道路も乗れないし、帰りは疲れちゃって、太地からフェリーに乗って帰って来たという思い出ですね。

 海岸沿いを走っていたら、ちょうどお祭りをやっていて、ふらりと覗いてみたら、地元のおばあちゃんが屋台を出していて、そこで食べたわらび餅がとんでもなくうまかった。名物というわけでもないんでしょうけど、手作りで、ものすごく美味しかったな。

【次ページ】東京・上野――浅草時代の日常

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
特集最終回 坂口安吾「肝臓先生」の舞台にもなった伊東からポルトガルまで(2016.01.30)
特集第3回 ほぼ実話の札幌からロケ現場のワクワク感を知ったあの撮影所まで(2016.01.29)
特集第2回 あのシーンは実話? モロッコの砂漠からミイラ自慢の鶴岡まで(2016.01.28)
インタビューほか情けなさの品格――戌井昭人(原作者)×横浜聡子(映画監督)(2016.01.21)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
インタビューほか脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編) (2015.11.11)
インタビューほか『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)(2015.11.12)