2016.01.29 特集

第3回 ほぼ実話の札幌からロケ現場のワクワク感を知ったあの撮影所まで

『俳優・亀岡拓次』『のろい男』 (戌井昭人 著)

1月30日から全国公開される映画「俳優 亀岡拓次」。原作の『俳優・亀岡拓次』『のろい男』の著者である戌井昭人さんに、物語のモデルになった土地やお店などをうかがいました。

サンフランシスコ――映画好きにはたまらない町

 第6話の「ぶりぶりブリット サンフランシスコ」。サンフランシスコに友達が住んでいて、遊びに行ったことがあります。

 ここに書いた場所には、だいたい行きました。コッポラが「ゴッドファーザー」を書いたビルに行ったのもよかったなあ。亀岡が大好きな「ブリット」はもちろん、「ダーティハリー」もこの町だし、主人公の気分で、街をぶらぶらするのは楽しかった。

 大雨で車が止まってしまい、怪しげな男が直してやると寄ってきて、ボンネット開いたとたん、感電してぶっ倒れるシーンは、友達の体験そのままです(笑)。

 めしは中華街です。チャーハンなんか、うまいんですよ。ほんとうに、素敵な町でしたね。

 なお、個人的には、ストリップ小屋には、行ってません。

コッポラがゴッドファーザーの脚本を書いていたカフェ。

【次ページ】大分・別府――もしもあのとき……

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特集最終回 坂口安吾「肝臓先生」の舞台にもなった伊東からポルトガルまで(2016.01.30)
特集第2回 あのシーンは実話? モロッコの砂漠からミイラ自慢の鶴岡まで(2016.01.28)
特集第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで(2016.01.27)
インタビューほか情けなさの品格――戌井昭人(原作者)×横浜聡子(映画監督)(2016.01.21)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
インタビューほか脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編) (2015.11.11)
インタビューほか『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)(2015.11.12)