インタビューほか

「パパになって、キャラ変わったよね」
理系クン夫妻のぶっちゃけトーク!

「本の話」編集部

『理系クン イクメンできるかな?』 (高世えり子 著)

文系マンガ家の著者・高世えり子さんと、理系オットの「理系クン」ことN島たろうさんの恋愛から結婚までを描いてきた、愛と笑いがいっぱいのコミックエッセイ「理系クン」シリーズ。 第4弾『理系クン イクメンできるかな?』は、夫妻に長女と長男が誕生し、N島さんが育児休業をなんと半年も取得して、家事に育児に大奮闘する姿が描かれています。 シリーズ最新刊の刊行を記念して、娘(5歳1カ月)と、息子(1歳7カ月)のせっぱつまった育児について、「理系クン」夫妻のぶっちゃけ対談をお送りします!

N島 部署内では「育児系はN島に聞け」みたいなコトになってる。「小児科でどこかいいとこ知らない?」と聞かれたりね。

えり子 そんなこと聞かれるんだ!

N島 その人の住所は土地勘あったから、即答しておいた。独身の男性から「家に1歳の姪っ子が遊びにくるんだけど、何を用意したらいい?」って質問されたときは、「卵焼きとソーセージ」って即答した。「プレゼントは、シャボン玉がいいんじゃない?」っておすすめしたら、姪っ子に大ウケだったらしくて。

えり子 よかったね。シャボン玉は男女問わず、人形とかよりヒットするよね。

N島 1歳だとまだ息でフーッてできないから、水鉄砲みたいなおもちゃでシャボン玉を作るタイプをすすめといた。

えり子 そういうおもちゃ、ビックカメラとかでもいっぱい売ってるよね。

N島 ちゃんとポイントもつくからね(力説)! 風船とかシャボン玉とか子どもにはテッパンだね。

えり子 公園でシャボン玉やってると、子どもたちがいっぱい寄ってくる。シャボン玉を割ったり追いかけたりして、ある時はうちの子たちがひくくらい子どもが集まってきちゃって(笑)。

N島 そんなこともあったね~。

えり子 パパになって、キャラ変わったよね。

N島 以前は子どもが近寄ってこないタイプだったけど、今は公園に行くと、男女問わず子どもが寄ってきたり、話しかけてくるね。

えり子 でも、まだ少ないね、育休とってる男性。

N島 とりたい人がとれるようになればいいよね。

えり子 急にとりたいと言った後輩の人も、とれてよかった。そういうとき切実だよね。産後の肥立ちなんて、産んでみないとわからないし。知人の会社は男社会で、パタハラがひどいらしくて、「イクメンしたくてもできない」って嘆いていた。

N島 うちの会社も部署によっては、とりにくいところもあるみたい。

えり子 でも社則や法律でちゃんととれることになっているわけだし、遠慮してたらきっととれないよね。

N島 男性だけかもしれないけど、「自分が半年いなくても会社はまわるんだ」という現実を受け入れられる人じゃないと難しいかもね。「オレが休むとこの会社はまわらないから、連休も休まないし、正月休みもとらないんだ!」みたいな人、たまにいるじゃない。

えり子 N島クンはその真逆で、できる限り定時にまっすぐ家に帰るキャラなんでしょ?

N島 うん。残業からは逃げる力を養いたいね(笑)。

えり子 そういうキャラを受け入れてもらえて、ありがたいよね(笑)。そしてみんなが子どもをお風呂に入れたりする時間に帰れるのが普通な世の中になっていけばいいね。

マンガにそっくりなN島さんと高世さん

 

理系クン イクメンできるかな?
高世えり子・著

定価:本体1,000円+税 発売日:2015年05月16日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評似てない者夫婦はどこへゆく(2012.06.08)
特設サイト高世えり子 『理系クン』(2008.08.30)
書評私が『理系クン』を愛する理由(2008.08.20)
書評前進する育児……それはなんと陳腐で、なんと本質的なんだろう(2015.01.01)
インタビューほか『なまけものダイエット』の、実はなまけていない時もあったダイエットの裏話。(2015.01.30)
インタビューほかいつもは適当自炊にワクワク外食。たまに買い食い、旅ごはんも大好き!(2014.12.10)