特集

【冒頭立ち読み】『辺境の思想 日本と香港から考える』(福嶋亮大 張 彧暋・著)#2

文: 福嶋亮大

本書のまえがきを2回にわけてお送りします。

『辺境の思想』(福嶋亮大 張 彧暋・著)

香港の「精神」

 最後に、この往復書簡の一応のホスト役の立場から、もうひとりの著者である張 彧暋について簡単に説明しておきます。香港中文大学で社会学を講じる張さんは、日本のオタク文化と鉄道文化に詳しく、毎年末のコミケにも足繁く通う一方、香港のサブカルチャー批評の同人誌の編集者でもあります。英文の博士論文として書かれた鉄道論は日本でも翻訳・刊行されました。*3

 この論文は「社会学とは制度の学である」と言ったエミール・デュルケームの流れを汲みながら、日本の鉄道を集団的なイメージや信念を生み出す宗教的制度(人類学で言うトーテミズムのようなもの)として捉えつつ、近年のテレビドラマ『あまちゃん』にも現れた日本人の「鉄道信仰」を詳しく分析したものです。文学ファンは宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』や松本清張の鉄道ミステリを想起すると分かりやすいでしょう。彼らは日本人の鉄道信仰を支える「司祭」であったわけです。

 僕は以前、香港中文大学で張さんの授業を聴講したことがありますが、ユーモアたっぷりの流暢な英語で社会学を講じながら、レジュメではゲオルク・ジンメル、デュルケーム、アルフレッド・シュッツ、リチャード・セネット、呂大楽、費孝通等の社会学者から網野善彦、見田宗介、阿部謹也、小熊英二のような日本の学者までを網羅するその自由さには驚かされました。張さんには中国語圏・英語圏・日本語圏の学問世界を横断していく雑種的な知性があり、そのセンスは香港や日本の猥雑なサブカルチャーに対する興味にも直結しています。しかも、彼は高慢なエリート主義とは無縁であり、日本の知人が香港を訪れたときにはいつも快く案内してくれるのです。僕を含めて、彼の世話になった日本の言論人は実は大勢いるはずです。

 要するに、張さんにおいては都会的・国際的・知的であることとオタク的・庶民的・遊戯的であることが矛盾なく同居しています。それは香港人の一つの縮図です。その彼にもう一つの顔があることに気づいたのは、雨傘運動以降のことでした。張さんは率先してこの香港史を画する大規模デモに参加し、運動が終結してからも今日まで、その政治的な情熱が衰える気配はまったくありません。僕には、張さんが都会人のまま急速に「政治化」していくように見えました。しかし、それは突然起こったのではなく、やはり香港の歴史的環境がそうさせたのだと思います。


*3  張 彧暋『鉄道への夢が日本人を作った―資本主義・民主主義・ナショナリズム』(山岡由美訳、朝日新聞出版、二〇一五年)。



こちらもおすすめ
ニュース大きな転機を迎えた2つの「辺境」 日本と香港から考える(2018.06.01)
特集【冒頭立ち読み】『辺境の思想 日本と香港から考える』(福嶋亮大 張 彧暋・著)#1(2018.06.05)
辺境の思想福嶋亮大 張 彧暋

定価:本体1,800円+税発売日:2018年06月01日