本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
『京洛の森のアリス Ⅱ』望月麻衣――立ち読み

『京洛の森のアリス Ⅱ』望月麻衣――立ち読み

望月 麻衣

電子版20号

出典 : #別冊文藝春秋
ジャンル : #小説

「――っ」

 突然現われた美青年を前に、ありすは絶句した。「あらためて、おはよう、ありす」

 蓮は、ありすの頬に手を添えて、にこりと微笑む。

 ありすは何も言えずに、後退りをした。

「どうしたんだよ、ありす?」

 端整な顔を近付ける蓮に、ありすは手をかざす。

「や、あの、すみません、それ以上は……」

「はぁ?」

 すると、ドアの隙間からナツメが顔を出す。

 その長い耳は、呆れ切ったように垂れていた。

「ですから、蓮様。寝室に入る時は、蛙の姿でいなさいと言ったでしょう?」

「『寝ているありすに近付く時は』って話で、今はもう、ありすが起きたんだからいいだろ」

「それでは、撤回します。ありす様の寝室に入る時は、寝ていようが起きていようが、蛙の姿でいるように」

 ナツメは手を腰に当てて、ビシッと告げる。

「はっ、なんでだよ」

「まったく、あなたは……今のご自分の姿を確認してはいかがですか?」

「自分の姿?」

 蓮は自分の手に目を落とし、「んん?」と眉根を寄せる。

「手がデカい……」

 そうつぶやいた後、おっ、と蓮は顔を明るくさせた。

「やった、元に戻れた。大人だ! これで、ありすが十六になったらすぐにでも結婚できるな!」

 詰め寄る蓮に、ありすは「きゃあ」と声を上げる。

「なんで、嫌がるんだよ」

「蓮様、いいから、あなたはまず、寝室を出てください」

 ナツメは、蓮の耳をつかんで部屋の外へと連れだした。

 寝室を一歩外に出るなり、蓮の姿はまるで空気でも抜けたかのように、小さな少年に変わってしまった。

 一気に視界が変わり、着ていた作務衣がぶかぶかになったことで、自分が小さくなったことに気付いたのだろう、蓮は自分の紅葉のような手を見詰める。

「……一体どういうことだ?」

「それだけあなたが、とても正直な人間だということですよ」

「つまり、寝室では『大人でいたい』って心から思ってるってことなんだな。まっ、全然問題ないな、ありす」

 ぽんっ、と手を打つ蓮に、ありすは「もうっ」と思わずベッドの上のクッションを投げつけて、毛布をかぶる。

別冊文藝春秋からうまれた本

電子書籍
別冊文藝春秋 電子版20号
文藝春秋・編

発売日:2018年06月20日

ページの先頭へ戻る