本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
『京洛の森のアリス Ⅱ』望月麻衣――立ち読み

『京洛の森のアリス Ⅱ』望月麻衣――立ち読み

望月 麻衣

電子版20号

出典 : #別冊文藝春秋
ジャンル : #小説

 見事、クッションは顔にクリーンヒットし、蓮は解せないようにナツメを見た。

「どうして、クッションを投げつけられるんだ?」

「あなたがそれだけデリカシーのない人間だからですよ」

 ナツメは、やれやれ、と肩をすくめる。

 蓮は、ふーん、とさして興味なさそうに相槌をうち、すぐにありすに向かって声を張り上げる。

「おい、ありす! それより、今日は総合卸問屋に行くんだろ!?」

 その言葉にありすは「そうだった」と顔を出した。

「朝イチで行った方が、良い物を仕入れられるって、昨日話してたのに」

「ごめん。すぐに用意するから、下で待ってて」

 おう! と蓮が片手を上げて、ナツメと共に階段を下りていく。

 ありすは、「そうだった」と頭から水色のワンピースをかぶるように着る。

「本の在庫がなくなってきたから、卸問屋に行こうって話していたんだ」

 廊下の突き当りにある洗面所へと走り、そのままの勢いでばしゃばしゃと顔を洗い、歯を磨く。

 はねた髪を整える時間がないので、簡単にみつあみのおさげにして白いエプロンを身に着けた。

 よし、と頷いて、階段を駆け下りる。

「ごめん、行こうか!」

「おい、朝飯は?」

「そんな時間ないよ」

 ありすは、急いでショルダーバッグを肩から下げた。

 総合卸問屋は、夜明けと共に開店するらしい。

 まだ早朝だが、しっかり太陽は昇っている。

「嘘だろ、腹ペコだよ。腹が減っては戦はできねーぞ」

「仕方ありませんね。サンドイッチを作りましたので、食べながら向かいましょうか」

 そう言ってナツメは、作ったサンドイッチをバスケットの中に詰めた。

「歩きながら食うのかよ、行儀悪いなぁ」

「それ、蓮が言う?」

 目を剥くありすに、ナツメがぷっと噴き出す。

 京洛の森にある書店『ありす堂』の店長・ありすは、良い作品を仕入れるために、いざ出陣だ。

 それは、ありすの新しい一日の始まり。

別冊文藝春秋からうまれた本

電子書籍
別冊文藝春秋 電子版20号
文藝春秋・編

発売日:2018年06月20日

ページの先頭へ戻る