書評

あんこ好きに悪い人なし! 和菓子は謎解き小説に合う「食べる暗号」

文: 姜 尚美 (ライター)

『晴れの日には』(田牧大和 著)

『晴れの日には』(田牧大和 著)

 そんな調子で初巻を読んだが、シリーズ第2弾となる本作『晴れの日には』を読み終える頃には、取材者目線は薄れ、すっかり晴太郎と幸次郎の身内気分になっていた。

 身内といっても、私の役回りは茂市っつあんの背に隠れてことの成り行きを見守る、まだ和菓子の和の字も知らない丁稚さんといったところだ。

 それだけに、「羊羹比べ│人日」「青の星川│七夕」で主役となる菓子が訳ありの先方に運ばれる時は、晴太郎が菓子に込めた仕掛けが伝わるかと気を揉んだ。

 唐物の三盆白(さんぼんじろ)の煉羊羹、讃岐物の三盆白と黒砂糖の煉羊羹という繊細な食べ比べ。

 下りものに比べると不格好な青紫と白の金平糖で、天の川と見せかけて紫陽花。

 綱渡りのような仕掛けに、はらはらする。

 それにもかかわらず、一口食べ、一目見ただけでその仕掛けに気づく登場人物たちの、なんと知的で粋なこと。

 丁稚奉公に入ったばかりの私なぞ、はらはらするばかりで、きっと気づけない。

 抜き打ちテストにも似たこの「はらはら」、思い返せば、和菓子のある場面では常に感じさせられている気がする。

 目や舌で楽しむものと思わせて、実は食べ手の教養と味覚、そして感性を試す、菓子職人からの「暗号」が、和菓子には仕組まれているからだろう。

晴れの日には田牧大和

定価:本体760円+税発売日:2018年07月10日


 こちらもおすすめ
特集甘いもんでもおひとついかが? 人気シリーズ藍千堂菓子噺から看板菓子のご紹介(2018.07.27)
インタビューほか甘さに顔がほころぶ人情小説(2016.07.08)
書評単なる江戸職人小説だと思って読んでいると、びっくりするぞ!極上スイーツ時代小説(2016.05.22)