書評

あんこ好きに悪い人なし! 和菓子は謎解き小説に合う「食べる暗号」

文: 姜 尚美 (ライター)

『晴れの日には』(田牧大和 著)

『晴れの日には』(田牧大和 著)

 もし『藍千堂』に取材を申し込んだら、広報担当として出てくるのは幸次郎だろう。如才ない段取りで対応してくれそうだけど、『百瀬屋』を警戒して無難なことしか話してくれなそうだから、ここの菓子の本質を知るなら、ポロッと口を滑らせてくれそうなうっかりタイプの晴太郎をつかまえなくちゃ。一応、店主みたいだし。

 茂市っつあんには、兄弟が幼かった頃のエピソードを話してもらおう。何においても晴太郎と幸次郎の顔をたてる人だから、困らせるような質問は避けたいところ。

『伊勢屋』の総左衛門に、なぜ薬種問屋が和菓子の材料を扱うことになったのか、歴史を紐解いてもらうのもいいかもしれない。でも、隙がなさすぎて緊張しそう。

 常連客の声を拾うなら、八つ時の金鍔(きんつば)を狙ってやって来る岡丈五郎かな。それとも久利庵先生の診療所を訪ねて、「茂市の煉羊羹ひと棹食いの作法」というテーマでこってり語ってもらおうか。横大工町なら、『藍千堂』から徒歩15分ほどで行けそうだ――。



こちらもおすすめ
特集甘いもんでもおひとついかが? 人気シリーズ藍千堂菓子噺から看板菓子のご紹介(2018.07.27)
インタビューほか甘さに顔がほころぶ人情小説(2016.07.08)
書評単なる江戸職人小説だと思って読んでいると、びっくりするぞ!極上スイーツ時代小説(2016.05.22)
晴れの日には田牧大和

定価:本体760円+税発売日:2018年07月10日