2018.07.27 書評

あんこ好きに悪い人なし! 和菓子は謎解き小説に合う「食べる暗号」

文: 姜 尚美 (ライター)

『晴れの日には』(田牧大和 著)

『晴れの日には』(田牧大和 著)

『あんこの本』という本を初著に持つ「あんこ者」の私は、生まれ育った京都をはじめ、日本各地の和菓子屋さんへ取材に行く機会が多い。

 きっと職業病だろう、藍千堂菓子噺シリーズの初巻である『甘いもんでもおひとつ』も、いつのまにか神田相生町にある『藍千堂』という小さな菓子屋をいちから取材しているような目線で読んだ。

 紅のあん玉に白のそぼろ餡、粒の粗い氷研(こおりおろし)をまぶした巾飩(きんとん)で二重、三重の景色を表現するなんて、写実的な造形の上菓子が好まれる江戸の菓子司にしては、ずいぶん抽象的な意匠の上菓子を作るんだなあ。あっ、なるほど、晴太郎らが菓子作りを教わったお父っつあんが京の菓子司の息子で、だから修業先も京の出店の菓子司だったのか。



こちらもおすすめ
特集甘いもんでもおひとついかが? 人気シリーズ藍千堂菓子噺から看板菓子のご紹介(2018.07.27)
インタビューほか甘さに顔がほころぶ人情小説(2016.07.08)
書評単なる江戸職人小説だと思って読んでいると、びっくりするぞ!極上スイーツ時代小説(2016.05.22)
晴れの日には田牧大和

定価:本体760円+税発売日:2018年07月10日